知りタイムズ

知りタイムズは主に2chのまとめブログです。毎日様々なニュースが飛び交う中、気になる記事、面白いと感じた記事などのスレをまとめています。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。



    (出典 biz-journal.jp)


    マイナンバーカードとの一体化は速やかに結論を出す。


    1 孤高の旅人 ★ :2020/10/12(月) 13:19:05.14 ID:bRz/vRrq9.net

    【独自】運転免許証システム統一、全国での発行・更新が可能に 
    10/12(月) 11:42配信 

    【運転免許証 2022年から全国での発行・更新が可能に マイナンバーカードとも連携】の続きを読む



    (出典 d3a3a5e2ntl4bk.cloudfront.net)


    iモードのサービスは令和8年(2026年)3月まで。


    1 ブギー ★ :2020/10/07(水) 17:56:28.20 ID:ea8dJ2129.net

    NTTドコモは7日、従来型携帯電話向けのインターネット接続サービス「iモード」の公式サイトを来年11月30日で終了すると発表した。

    【「iモード」という言葉に懐かしさを感じる 来年11月末で公式サイト終了】の続きを読む



    (出典 www.foodwatch.jp)


    10月は食品ロスの削減月間。


    1 記憶たどり。 ★ :2020/10/09(金) 12:59:07.87 ID:Hk+Xp89a9.net

    環境省は9日、飲食店で食べ残した料理を持ち帰る取り組みを「mottECO(モッテコ)」の呼称で普及させていくと発表した。

    【環境省 「モッテコ」の呼称で、食べ残し料理の持ち帰りの普及をすすめていく】の続きを読む



    (出典 contents.trafficnews.jp)


    10月1日に本格解禁を迎えたばかりだが・・・


    1 BFU ★ :2020/10/10(土) 23:06:17.46 ID:bt27JDfC9.net

    旅行代金が最大半額になる Go To トラベルキャンペーンは、旅行代金の 15% 相当が地域共通クーポンとして配布されるとともに、これまで対象外だった東京発着の旅行も対象となり、10 月 1 日に本格解禁を迎えたばかりだ。 

    【GoToトラベル 割引の制限が始まる 大手予約サイトに何があったのか?】の続きを読む



    (出典 benesse.jp)


    事業予算は、宿泊旅行で7300万人分、日帰り旅行で4800万人分を想定して確保した。


    1 田杉山脈 ★ :2020/10/07(水) 00:22:32.52 ID:CAP_USER.net

    観光庁は6日、政府の観光支援事業「Go To トラベル」を利用して9月15日までに宿泊した人は、少なくとも延べ1689万人だったとの速報値を発表した。

    【GoToトラベル 9月15日までの宿泊 延べ1689万人 まだ予算はたっぷりあるか】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    お金は身近なモノではなくなっている。
    今後はキャッシュレス化も進む。


    1 記憶たどり。 ★ :2020/10/10(土) 07:55:17.89 ID:mXvdzeP/9.net

    小学校の算数の授業で、子どもたちの回答が昨今の時代を反映しているとSNS上で話題となっている。 

    【「おつりって何?」算数の授業で驚きの質問 お金の教育はどこで?】の続きを読む



    (出典 publicdomainq.net)


    政府の方針に沿って見直しを進めている。


    1 ばーど ★ :2020/10/09(金) 14:04:51.45 ID:rNM9J6XZ9.net

    菅内閣が行政手続きでの押印廃止を進める中、上川法務大臣は閣議のあとの記者会見で、婚姻届や離婚届の押印について廃止する方向で検討していることを明らかにしました。 

    【婚姻届・離婚届の押印 廃止へ オンライン手続きを導入している自治体はゼロ】の続きを読む



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    分別が簡単なラベルレスの需要が高まっている。


    1 蚤の市 ★ :2020/10/09(金) 13:59:08.34 ID:EtkMUe+g9.net

     飲料メーカー各社がペットボトル飲料の商品ラベルがない「ラベルレス商品」を拡充させている。プラスチックごみの削減につながるだけでなく、処分時にはがす手間も省けるのが理由だ。

    【ペットボトル ラベルレス商品の新商品が相次ぐ 「箱売り」が原則】の続きを読む

    このページのトップヘ