知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    2023年09月



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2023/09/22(金) 22:16:23.91
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/738688

     札幌市の隣の当別町にある医療系総合大学の北海道医療大学が、北広島市へキャンパスの移転を検討していることが分かりました。

     大学関係者によりますと、北海道医療大学は、5年後の2028年をめどに「北海道ボールパークFビレッジ」内にキャンパスの移転を検討しているということです。
     来週27日の理事会で、最終方針を決める見通しです。
     北海道医療大学は、当別町や札幌市北区あいの里にキャンパスがあり、およそ3500人の学生が学ぶ医療系の総合大学です。
     当別町のキャンパスは、大学直結のJRの駅があることから、大学は今後、当別町やJR北海道などへ移転について説明を行うとみられます。

    【北海道医療大学、「北海道ボールパークFビレッジ」に移転…27日大学の理事会で方針決定へ】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2023/09/25(月) 06:51:02.44
    【森】道内有数のホタテ生産地として知られる渡島管内森町は、東京電力福島第1原発の処理水放出に伴う中国による日本産水産物の禁輸措置を受け、同町内の水産加工会社で輸出できずに保管されているホタテ約10万食分を全国の学校給食用に無償で提供する方針を固めた。

    9/24(日) 20:42 北海道新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e252753e45b464bb45a51c5e3666298548f9c13


    ※関連スレ
    【処理水放出】北海道ホタテ、中国禁輸で「出荷ほぼ停止」 天井まで在庫の山 ★7 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695566482/

    【全国の学校給食に「ホタテ10万食分」を無償提供 中国の禁輸を受けて…】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2023/09/24(日) 00:31:42.20
    ※2023/09/23 15:52
    読売新聞

     両手で両膝を抱きかかえて座る「体育座り」を見直す動きが、埼玉県内の学校で出始めている。体に負担をかける姿勢で、医療関係者から腰痛の原因になるなどと指摘されている。体育座りは国が定めた手引に掲載されているが、現在の見解は「強制するものではない」。県教育委員会は今後、これを教員向けの研修会で周知する予定だ。

    生活様式は変化

     今月16日、体育祭が行われた熊谷市立富士見中学校。開会式で「腰を下ろしてください」のアナウンスが流れると、生徒たちは携帯用の小さなパイプ椅子に腰掛けた。座っていたのは約15分間。3年生の女子生徒(15)は「腰も痛くないし、足が崩れて注意されることもない。集中して話を聞ける」と話していた。

     この椅子は今年度、教材費として保護者から2200円ずつ集めて導入したもので、全校生徒約680人が1台ずつ持っている。体育館や校庭で行う全校集会などで使用し、生徒は従来の体育座りか椅子に座るかを選べる。

     「家庭で床に座る機会が減り、生活様式は変わっているのに、体育座りは昔から変わらない」。導入を決めた橋本雅之校長は10年ほど前から、長時間の体育座りで腰の痛みを訴える生徒がいることが気になっていたといい、生徒にも意見を聞いて「集会は体育座り」というスタイルを見直すことにした。

    あくまでも「例」

    続きは↓
    https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20230923-OYT1T50165/

    【体育祭で「携帯パイプ椅子」に座る生徒たち…体育座りの見直し、全校生徒が購入】の続きを読む



    1 少考さん ★ :2023/09/23(土) 21:36:42.70
    「ほとんど使わない」HBの鉛筆が小学校で消滅寸前の一方で、2Bが小学生に大人気な背景 - ライブドアニュース (週刊女性PRIME)
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/25041294/
    https://www.jprime.jp/articles/-/29325

    ざっくり言うと

    ・学童向けの鉛筆は、現代は「2B」が主流になっているという
    ・トンボ鉛筆広報部によると、2022年には「HB」の割合は2%に
    ・授業のIT化の影響で書く機会が減り、筆圧が下がってしまうと分析した

    2023年9月23日 17時0分 週刊女性PRIME

    「今の小学生は『HB』の鉛筆はほとんど使わないようです。子どもたちの筆箱の中も『B』や『2B』『4B』しか入っていません」と小学4年生の母親。

    昭和世代にとって2Bは、「書写」や「スケッチ」の授業でしか使わなかった記憶がある。それが今や「主流」になっているのだという。

     学校で使う「鉛筆」に何が起きているのだろうか。1913年創業の老舗鉛筆メーカー「トンボ鉛筆」の広報部に聞いた。


    HBは「わずか2%」

    「実は学童向けの鉛筆は2000年にはすでに2Bが49%、HBが14%という割合になっていました。その流れは年々加速していて、2022年には2Bが74%、HBはわずか2%にとどまっています。

    ただ、弊社が学童用として作った鉛筆の販売を始めたのは1979年ですが、このときすでに、2Bの鉛筆がよく売れていたという証言も残っていますので、当時から愛用していた小学生が一定程度はいたと思われます」

     HBは2%……。なんともふびんな印象を覚えずにはいられないが、どうしてこのような濃い鉛筆が好まれる状況になったのだろうか。

    「授業のIT化の影響が大きいと思います。パソコンなどが普及したことでキーボードを叩くことが多くなりました。必然的にノートに書き写すなどの機会は減ります。

     日常的に書くことをしないと、筆圧が下がってしまう傾向にありますので、芯が硬いHBでは書きづらく、指や手首が疲れてしまうのです。

     また、濃い(やわらかい)鉛筆は文字の『とめ、はね、はらい』をしっかり表現できますし、書いているときの力の加減も調節できます。そういったことから小学生にはメリットがあると思います」(トンボ鉛筆広報部、以下同)

    企業や役所ではHBが活躍

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    ※関連スレ
    【教育】小学生の使う鉛筆、濃さは? 現在は「2B」が主流 [シャチ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1620443602/

    【小学校で消滅寸前… HBの鉛筆「ほとんど使わない」 2Bが小学生に大人気な背景】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2023/09/23(土) 10:25:22.35
     宮城県富谷市教委は22日、市東向陽台小のプールで、水が13日間にわたって出しっ放しになり、約400万リットルが流出したと発表した。流出量は25メートルプール約10杯分に相当し、損害額は203万8195円に上った。

    損害203万円 賠償は求めず
     市教委によると、4月27日に教員らが保守点検のためプールに注水した後、元栓を十分に閉めなかったのが原因。5月9日、市による水道の検針で流出が発覚。点検などに当たる仙台市内の業者が、同日中に水を止めたという。

     元栓はプールから離れた地中にあり、マンホールでふたをしていた。複数の管が元栓とつながっていて、水抜き栓の管に水が流れていたという。

     職員が元栓を閉めたと認識し、プールの水が増えていなかったことなどから、賠償請求はしない方針。市教委は同日付で校長と教頭を厳重注意した。

     プールの注水作業は市教委が各校に一任していた。再発防止を図るため、市教委が主導し、操作マニュアルを見直す。

    河北新報 2023年9月23日 6:00
    https://kahoku.news/articles/20230923khn000007.html

    【小学校プールの水13日間出しっ放し、水400万リットル流出…賠償請求はしない方針】の続きを読む

    このページのトップヘ