知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    2024年06月



    1 THE FURYφ ★ :2024/06/12(水) 21:09:46.04
    [6.12 天皇杯2回戦 名古屋 0-1 JAPANサッカーカレッジ 豊田ス]

    天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会は12日、2回戦を開催し、豊田スタジアムでは名古屋グランパス(J1)と日本で唯一の
    サッカー総合専門学校であるJAPANサッカーカレッジ(新潟県代表/北信越リーグ1部)が対戦。後半に先制したJAPANサッカーカレッジが
    そのまま逃げ切り、1-0の完封勝利を収めてジャイアントキリングを達成した。

    序盤から名古屋がボールを保持して試合を進めるものの、JAPANサッカーカレッジ守備を崩し切れない。JAPANサッカーカレッジも
    ゴールに迫る場面を作り出そうとするが、ともに得点は生まれないまま前半終了を迎えた。

    0-0で後半に入ると、6分にJAPANサッカーカレッジが試合を動かす。右CKは一度ははね返されたものの粘ってボールをつなぐと、最後は
    右サイドから送られたクロスをFW上元直樹が押し込んでスコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負った名古屋は11分、ベンチスタートとなっていたFW山岸祐也、MF内田宅哉、MF中山克広、MF森島司の4枚を
    一気に投入。さらに25分にはFWパトリックを投入して状況を打開しようと試みる。

    しかし、最後まで名古屋に得点は生まれず。逃げ切ったJAPANサッカーカレッジが1-0の完封勝利でジャイアントキリングを達成。
    3回戦では群馬vs山口の勝者と対戦する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9803282ce5c47b1239ec8e174d48a1c048a2cfc2

    【新潟のサッカー総合専門学校、J1名古屋に完封勝利…天皇杯3回戦へ】の続きを読む



    1 少考さん ★ :2024/06/06(木) 20:28:13.68
    勤務先の女子生徒に性行為 県立高校教諭を懲戒免職 埼玉県教委 | NHK | 埼玉県
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240606/k10014472981000.html

    2024年6月6日 18時59分

    勤務していた高校の女子生徒に性行為をしたとして、埼玉県教育委員会は県立高校の教諭を懲戒免職の処分にしました。

    懲戒免職の処分を受けたのは、埼玉県東部にある県立高校の35歳の教諭です。

    埼玉県教育委員会によりますと、9年前の2015年3月までの2年間、当時勤務していた県立高校の女子生徒に対し自宅で(略)

    一方、ことし4月、教え子の女子生徒にキスをしたなどとして東部地区にある県立高校の24歳の教諭も懲戒免職の処分にしました。

    埼玉県教育委員会は「教職員のわいせつを根絶すべき中でこうした事案が発生し、非常に重く受け止めている。不祥事防止の研修プログラムなどを実施していきたい」と話しています。

    ※全文はソースで。

    【9年後に発覚…勤務先の女子生徒に性行為 県立高校教諭を懲戒免職】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2024/06/10(月) 14:19:58.88
    東京大は10日、20年間据え置いてきた授業料について「改定を検討している」とする藤井輝夫学長のコメントを同大のホームページで公表した。値上げする場合は経済的困難を抱える学生への配慮が不可欠だとし、「授業料免除の拡充や奨学金の充実などの支援策も併せて実施しなければならない」と説明した。

    コメントでは、国からの運営費交付金や授業料収入などの限られた財源を活用し、教育研究環境の充実や設備老朽化、物価や人件費の増大などに対応しなくてはならないと強調。費用を安定的に確保するため、様々な施策に取り組むなかで、授業料の改定も検討しているとした。

    授業料免除といった支援策は具体的な仕組みを検討中だという。今後については、6月内に予定している学生との「総長対話」などを通して様々な意見を聴き、「大学の将来のために、今何を具体的にすべきかを慎重に見極めていく」とした。学生らに検討案を示すともした。

    文部科学省の省令は国立大の授業料の標準額を年53万5800円とし、最大で20%まで引き上げられると定めている。関係者によると、東大は最大で年10万円増の64万2960円とすることも視野に入れている。学生や教員の間から反対の声も上がっている。

    日本経済新聞 2024年6月10日 13:35
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE102GY0Q4A610C2000000/

    【東京大学長「授業料改定を検討、値上げなら支援策」 ホームページで公表】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2024/06/12(水) 09:25:01.10
    神奈川、埼玉、千葉の首都圏3県が、子育て支援に絡み東京都が独自に実施する行政サービスとの「格差」に頭を悩ませている。同じ施策を行おうにも、財源の問題から実現は困難。人口流出などに危機感を募らせる3県は国に対し、自治体間の税収差の解消を訴えている。

    ■基金では足りず

    「住んでいる地域により、教育費負担に大きな差が生じている」

    5月23日に都内で開かれた関東知事会。神奈川県の黒岩祐治知事は、都が今年度から実施する高校授業料の実質無償化を念頭にこう述べ、無償化を実施するまでの間、国に財政支援を求めた。

    千葉県の熊谷俊人知事も「首都圏のような一体性が高い地域では、制度の格差が人口流出やさまざまな不公平感につながる」と同調。埼玉県も賛同の意を示した。

    実際、都が打ち出している子育て支援策は、周辺3県と比べ格段に手厚い。今年度の当初予算では、都内居住者を対象にした私立高授業料実質無償化の所得制限撤廃(600億円)のほか、都内在住の0~18歳を対象に1人当たり月5千円を支給する「018サポート」(1245億円)などを計上している。

    埼玉県の試算によると、仮に高校授業料の実質無償化と018サポートを同県が予算化した場合、単年度で781億円が必要だが、令和6年度末時点の同県が積み立てた基金の残高見込みは418億円。単年度の事業でも不可能な金額だ。

    ■「税の偏在」原因

    3県が都との財政状況を比較する指標として取り上げるのが、収入に対し人件費などの固定的な支出が占める割合を示す「経常収支比率」だ。100%に近づくほど自由な施策に使える予算がなく、財政が硬直化していることを表す。

    令和4年度の経常比率は神奈川県は98・5%、埼玉県は96・2%、千葉県は95・1%なのに対し、東京都は79・5%。人口が多く、企業も集中する東京は自由に使える財源が潤沢で、これが格差の生じる要因になっている、というわけだ。

    埼玉県の大野元裕知事は5月14日の定例会見で、仮に同様の施策を実施すれば「他の行政サービスが行われなくなる」と強調。「(政策の)優先順位の問題ではなく、税の偏在性の問題に他ならない」と訴えた。

    全文はソースで 最終更新:6/12(水) 9:17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d2227e505484a07c1df5ad053ffb3d4683d2c86

    【「教育格差で東京に人口流出」危機感強める首都圏3県… 国に財源措置要望】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2024/06/10(月) 22:21:51.24
    世界初!廃棄物から洗剤成分“セスキ”を合成 成功したのは高校生 地域のゴミ問題解決の研究が世界から高評価

     愛媛の高校生たちが、捨てられるゴミから“油汚れに強い洗剤”として知られる「セスキ炭酸ソーダ」を作り出すことに成功した。
     世界から注目される画期的な研究で目指すのは「大量に捨てられるゴミの有効活用」だ。

    ■地産地消でセスキ洗剤合成を目指す

     「セスキ炭酸ソーダ」とは、「セスキ炭酸ナトリウム(NA2CO3・NAHCO3・2H2O)」とも呼ばれる弱アルカリ性の洗剤で、酸性の頑固な油汚れや手あかや皮脂など、タンパク質の汚れを落とす一方、環境への負荷が少なく、台所掃除の定番として注目されている。

    (以下略、続きはソースでご確認ください)

    テレビ愛媛 2024年6月10日 月曜 午前10:45
    https://www.fnn.jp/articles/EBC/711059

    【愛媛の高校生、廃棄物から洗剤成分“セスキ”の合成に成功! 地域のゴミ問題解決の研究が世界から高評価】の続きを読む

    このページのトップヘ