知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:いじめ



    1 煮卵 ★ :2024/05/30(木) 09:27:59.06
    熊本市教委は29日、市内の中学校に通学していた女子生徒2人(当時)が、SNS(ネット交流サービス)で別人になりすました同級生に現金をだまし取られる被害に遭ったと発表した。確認された被害額は計約15万円という。

    市教委によると、2人は3年生だった2023年度まで約2年半~3年半、SNSで同級生の女子生徒とやり取り。
    同級生が別人になりすまし「お金に困っている」などと訴える作り話を投稿して2人から繰り返し現金を受け取っていた。

    23年9月に被害生徒1人の保護者が不審なSNS上のやり取りに気付き学校に相談。

    被害生徒らは精神的苦痛を訴え、市教委はいじめ重大事態と認定した。30日から第三者委で事実確認を進める。
    【中村敦茂】

    [毎日新聞]
    2024/5/29(水) 19:38
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e27f48f6444a12c205dcd016d1b5e4753e99732

    【SNSで別人装い、同級生から金銭詐取 熊本の中学でいじめ重大事態】の続きを読む



    1 少考さん ★ :2024/05/26(日) 11:45:33.57
    幼稚園で殴る蹴るのいじめ…対策を求めた父に園は「退園」を迫った いじめ「低年齢化」の現実とこれから:東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/329408

    2024年5月26日 06時00分

     幼稚園でいじめを受けたと訴える男児(6)の父親(48)が、いじめ防止対策を未就学児にも広げてほしいと東京都渋谷区議会に提出した請願が、全会一致で採択された。いじめに関する法律や区条例では幼稚園や保育園は対象外になっている。「いじめが低年齢化しているのに対応が不十分」と、実態調査や対策強化を求めた。(榎本哲也)


    ◆園側「子ども同士のじゃれあいの延長線上での出来事」

     請願を出した豊島区に住む父親によると、今年3月まで渋谷区内の私立幼稚園に在籍していた長男が昨年9月の夏休み明けに「幼稚園に行きたくない」と言い出し、複数の同級生の名前を挙げ「6月と7月、殴られたり蹴られたりした」と訴えた。以前から、夜中に泣き出すことなどがあった。父親は園を休ませて心療内科へ通院させた。

     長男は10月に登園を再開したが、11月14日、同じ同級生に蹴られるなどされたと訴え、再び登園できなくなった。園は12月、「調査したが、いじめはなかった。子ども同士のじゃれあいの延長線上での出来事」と結論づけたという。

     園は対策を求めた父親に退園を促したという。父親は納得できず、退園を拒否。長男を園に在籍させたまま、特例で短期入園できた豊島区内の保育園に3月末まで通園した。長男は4月から公立小に入学。現在は元気に登校している。

    ◆「同じ被害に遭う子どもを出さないために」

     父親は園との交渉と並行して、区や都、警察の窓口にも相談した。その際に、窓口の担当者が口にした言葉が気になっていた。

     「幼稚園は、いじめの法律の対象外ですから」

     長男のいじめ問題に幼稚園が後ろ向きだったのは、「法律の壁」があったからでは。そう考えた父親は3月11日、渋谷区議会に請願を提出。

     (1)未就学児のいじめ実態調査
     (2)幼稚園教職員らへの研修の実施
     (3)いじめ被害・加害園児らへのケア
    —などを区に求めた。

     父親は取材に「幼稚園の対応には、今も納得していない。長男と同じ被害に遭う子どもを出さないために、何かできないかと思った」と請願の理由を話す。

     請願は3月21日の本会議で全会一致で採択された。

     父親の請願提出を支援した桑水流(くわずる)弓紀子渋谷区議は「幼稚園や保育園でも、いじめは起こりうる。制度のはざまで見過ごされ、苦しい思いをしている子どもたちを考えると、請願は大切な指摘だ。区内の実態調査など、未就学児のいじめ防止対策の強化を区に求めていきたい」と話している。

     長男が通っていた幼稚園の園長は東京新聞の取材に「ご質問にはプライバシーにかかわる事項が含まれているので、回答は差し控える」とコメントした。

    ◆「教員だけでは対応が困難」

     いじめ問題に詳しい内田良・名古屋大大学院教授(教育社会学)の話 

    (略)

    ※全文はソースで。

    【いじめの低年齢化 幼稚園で殴る蹴るのいじめ…対策を求めた父に園は「退園」を迫った】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2024/05/22(水) 14:45:51.31
    ※5/21(火) 6:33配信
    現代ビジネス

     学校とはどのような場所なのか、いじめはなぜ蔓延してしまうのか。学校や社会からいまだ苦しみが消えない理由とは。

     いじめ研究の第一人者によるロングセラー『いじめの構造』で平易に分析される、学校でのいじめ問題の本質――。

    「よい」は「みんな」のノリにかなっていること

     小社会では独特の「よい」と「悪い」が成立している。彼らは、自分たちなりの独自の「よい」「悪い」に、大きな自信と自負を持っている。それは、きわめて首尾一貫したものだ。

     この倫理秩序に従えば、「よい」とは、「みんな」のノリにかなっている、と感じられることだ。

     いじめは、そのときそのときの「みんな」の気持ちが動いて生じた「よい」ことだ。いじめは、われわれが「いま・ここ」でつながっているかぎり、おおいにやるべき「よい」行為である。いじめで人を死に追い込む者は、「自分たちなり」の秩序に従ったまでのことだ。

     大勢への同調は「よい」。ノリがいいことは「よい」。周囲のノリにうまく調子を合わせるのは「よい」。ノリの中心にいる強者(身分が上の者)は「よい」。強者に対してすなおなのは「よい」。

     「悪い」とは、規範の準拠点としてのみんなのノリの側から「浮いている」とかムカツクといったふうに位置づけられることだ。自分たちのノリを外(はず)した、あるいは踏みにじったと感じられ、「みんな」の反感と憎しみの対象になるといったことが、「悪い」ことである。

     「みんなから浮いて」いる者は「悪い」。「みんな」と同じ感情連鎖にまじわって表情や身振りを生きない者は、「悪い」。「みんなから浮いて」いるにもかかわらず自信を持っている者は、とても「悪い」。弱者(身分が下の者)が身の程知らずにも人並みの自尊感情を持つのは、ものすごく「悪い」。

     それに比べれば、「結果として人が死んじゃうぐらいのこと」はそんなに「悪い」ことではない。他人を「自殺に追い込む」ことは、ときに拍手喝采に値する「善行」である。

     もっとも「悪い」のは、「いま・ここ」を超えた普遍的な次元への「チクリ」と、個人的な高貴さである。そういう者は徹底的に苦しめなければならない。彼らはそのような「悪い」者を、「いじめ=遊び」の玩具として思う存分痛めつけ、辱め、あらたな全能感ノリを享受しようとする。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b59fb5acc5a4d099326074a9d81628d2d91bbfa9

    【【学校】だから「いじめ」はなくならない…この国で「人の命よりその場のノリが重視」される実態】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2024/05/10(金) 10:08:48.33
    ※2024/05/10 07:56
    読売新聞

     椙山女学園大付属小(名古屋市千種区)で、女子児童がいじめを訴える内容を書いた日記に教諭が「花丸」をつけて返却した問題を巡り、学校側の対応が不適切だったなどとして、児童の父親が学校の運営法人などに計660万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。4月22日付。

     訴状によると、女子児童が小学4~5年生だった2022~23年、同級生らにたたかれたり蹴られたりするなどのいじめを受けたと主張。同年9月、いじめを訴える内容を日記に書いて提出したところ、「花丸」をつけて返却されたなどとしている。女子児童は同年10月に不登校となり、現在、第三者委員会が事実関係を調査しているという。

    続きは↓
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240510-OYT1T50019/

    【いじめを訴える女子児童の日記に「花丸」つけ返却… 父親が学校側などを提訴】の続きを読む



    1 @おっさん友の会 ★ 警備員[Lv.7][新][苗][芽] :2024/04/23(火) 13:10:11.40
    大阪市の公立小学校で女子児童がランドセルを無理やり持たされるなどのいじめを受け転校し近く市を提訴することがわかりました。

    両親によりますと、大阪市内の市立小学校に通っていた当時1年の女子児童は2020年の夏頃から12月にかけて、複数回、下校中に同級生の男児からランドセルや水筒などを
    無理やり持たされるいじめを受け不登校になり翌年の12月、転校しました。

    (いじめを受けた女児)
    「何回も嫌って言ってもそれをやらされて、それと『裸になって』とか言われた」「悲しかったし、しんどかった」

    転校後、市教委は市長に「いじめ重大事態」と報告、第三者委員会はいじめと認定し「学校はいじめではなく児童同士のトラブルとして対応した」と指摘しました。

    続きはYahooニュース MBS
    2024/04/23 11:51
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8f2496c8ed4e7f2cba7900c304d935620358d64

    【小1女子児童「ランドセルを無理やり持たされた」「裸になってと言われた」…同級生の男児からのいじめで不登校に】の続きを読む

    このページのトップヘ