知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:大学生



    1 きつねうどん ★ :2023/12/11(月) 12:19:38.29
    「40-16÷4÷2」という数式が一時、Yahoo!の検索ワードランキングで上位に来るなど話題になった理学博士・芳沢光雄氏の記事。記事中に正解を示さなかったことで、「これで合ってる!?」と不安になった大人も多かったようだ。念のために記すと答えは「38」。では、多くの人がこの数式を見て、一瞬ドキッとしたのはなぜか。芳沢氏はその原因は「日本の算数教育の現状」にあると見ている。

    「40-16÷4÷2」を取り上げた理由
    11月27日の+αオンラインで紹介した記事【なぜ大学生の10人に1人が「40-16÷4÷2」を間違えるのか? 算数・数学の学びに大切なたった二つのこと】に関して、多くの人達に読んでいただき、心から感謝する次第である。

    この原稿は、2023年4月から隔週で連載してきた「大人の算数学び直し」のまとめとして、「数学の学びは理解、数学の教育は心が大切」、「数学ほど教育が『好き嫌い』に影響するものはない」ことなどを訴えたものである。

    ところが記事に関して、こちらが想像できないほどタイトルにあった式そのものに関心が集まり、「40-16÷4÷2の解答を含む背景をきちんと説明しなくてはならない」という反省の気持ちを強くもった。

    本稿では、その立場から、この式を取り上げた背景を歴史的に述べさせていただくとともに、今後の課題についても触れることにしたい。

    つづき
    https://gendai.media/articles/-/120331

    【「40-16÷4÷2」ができない大学生、その背景に「3+2×4」「16÷4÷2」などを教えない教育があった】の続きを読む



    1 征夷大将軍 ★ :2023/12/02(土) 08:07:41.45
    RECCOOが運営するZ世代特化のクイックリサーチサービス「サークルアップ」は、「SNS流行語大賞2023」に関する調査レポートを発表した。イー・ガーディアンが公開したSNS流行語大賞2023について、「本当に流行っていたか」を大学生200名に聞いている。

    大学生間での流行語ベスト5
    「SNS流行語大賞2023」にノミネートされていた流行語について、流行っていたという実感があるかを聞いたところ、大学生間での流行語ベスト5はこのようになった。

    1位 なぁぜなぁぜ
    疑問や不満をマイク片手に問いかけるスタイルで、ショート動画などで流行。
    2位 蛙化現象
    両想いになった途端相手に嫌悪感を抱くこと。近年は「あるきっかけが原因で、好きな人にさめること」という意味でも使われる。
    3位 ひき肉です
    YouTuberグループ「ちょんまげ小僧」のメンバーである「ひき肉」によるあいさつ。
    4位 かわちい
    「かわいい」を幼く言い換えたもの。「ちゅき」「うちゅくしい」なども。
    5位 スイカゲーム
    フルーツをテーマにした落ち物パズル系ゲーム。

    大学生間での流行語ワースト5
    一方でワーストランキングでは、映画クレヨンしんちゃんに登場したセリフ「待ちなさーい! そんなの許さないわ」、特撮『王様戦隊キングオージャー』の罵倒表現「スカポンタヌキ」、俳優の温水洋一さんによる美少女VTuber「ぬくみん」などが上位に。

    ノミネートされた全流行語の実感値
    ノミネートされた全流行語の調査結果は上図のようになった。中には97%が「流行していなかった」と答えたワードもあり、認知度に大きな差があるようだ。

    調査概要
    【調査日】2023年11月21日
    【調査対象】サークルアップに登録する大学1年?4年生
    【有効回答数】200人
    【調査方法】サークルアップ for client のアンケートオファー
    https://webtan.impress.co.jp/n/2023/11/29/46061
    11/29 8:30

    【大学生のリアルな流行語TOP3は「なぁぜなぁぜ」「蛙化現象」「ひき肉です」】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。(東京都) [ヌコ] :2023/11/27(月) 11:00:42.70
    sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
    なぜ大学生の10人に1人が「40-16÷4÷2」を間違えるのか? 算数・数学の学びに大切なたった二つのこと

    小学校や中学校では算数・数学が苦手ではなかったのに、大人になっていざ問題を解こうと思ったら、手も足も出ない。
    それは教わるままに意味も分からず、公式を丸暗記していたからではないだろうか? 一生使える「本物の算数・数学知識」
    を身につけるために必要なこととは――。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1392ba7c1b468f385ea27b7506208e786be2010

    【なぜ大学生の10人に1人が「40-16÷4÷2」を間違えるのか?】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2023/11/26(日) 21:52:35.41
    19日、愛知県にある小学校に集まったのは、教員を目指す現役の大学生。開催されたのは、教員や教員を目指す学生がトイレ掃除を教わる研修会「便教会」だ。トイレを磨けば、心も磨ける――。すべての作業は素手で行う。コロナ以降は衛生面を考え、手袋着用も可能となったが、頭を便器に突っ込むくらい近づけ、2時間磨き続けるという。

    要望があれば子どもたちとも向き合う。しかし、20年前からトイレ掃除に学ぶことを伝統行事としてきた小学校では最近、保護者から「衛生的にどうなのか?」「やることがちょっと古いのでは」と疑問視する声があがるそうだ。

    トイレ掃除をはじめ、掃除活動、学校行事は教育に必要なのか、『ABEMA Prime』で議論した。

    ■生徒の心を育てる「便教会」とは?

    「便教会」は、腰を落とし目線を低くして、信念を持ってトイレ掃除を行うことで、多くの問題を抱える教育現場を変えるという目的のもと活動を実践しているという。

    発起人で教員経験もある高野修滋氏は、立ち上げの経緯について「1997年に大病をして自分の余命を考えるようになり、真っ暗な人生の中で日々悩みを抱えながら教壇に立っていた。そんな時、友人から『トイレ掃除をすると感動するよ』と。感動はキラキラ輝いているもの。死ぬまでに1回ぐらいそんなことをしてしてもいいかなと参加したら、長いトンネルの出口が見えたような、一条の光が差し込んできたような思いだった」と説明。

    これまでに指導してきたのは全国で300校以上。「気持ちは、目にしているものと似てくるもの。汚いものを見ていれば荒んでくる。みんなが使うトイレを掃除するのは、誰かのため、思いやりというところなので、それを子どもに教えられたらと思っている。けっして強制的にやらせてはいない」と話す。

    作業を素手で行う意義については、「実は、最初に保護膜を作るようなクリームを手につけて、手袋をして行っている。万が一、手袋が破れてけがをした場合はすぐに処置をするなど、衛生面と安全面は常時気をつけている」「素手でやらないといけないことはない。ただ、どうしても便器の裏側など目に見えないところは、手袋の感触ではわからないので、私は直接ザラザラ感やヌルヌル感を確かめている」と述べた。

    目線をトイレに合わせるのは、“気づく力“を育てるため。「全然見える世界が変わってくる。細かな汚れがこんなところにあったのかと。この汚れにはスポンジを使ったほうがいいのか、もうちょっと強力なナイロンたわしを使ったほうがいいのか、手洗いの下の配管周りは傷がついちゃうから柔らかいものでやろうとか。汚れを発見して、それにどう対処していけばいいかということも学べると思う」とした。

    ■トイレ掃除は学校教育に必要なのか?

    生徒による清掃活動の効果に疑問を持つ、教育研究家でライフ&ワーク代表理事の妹尾昌俊氏は「子どもが掃除するのは日本では当たり前だが、海外では必ずしもそうではなく、児童労働が指摘されるケースや清掃員の仕事を奪っているという意見の人もいる。例えば、県庁や市役所の職員は掃除をしないが、学校だけが教育目的のためと子どもに掃除をさせているわけだ。昭和から掃除用具が変わっていないが、掃除機やロボット掃除機を使えばいい。結局予算をかけていないだけという見解もある」と説明。

    さらに、「“教育的に意義がある“”子どものためになる“と言うと、なんでもそうなる場合がある」とし、「子どもの時間も有限な中で、毎日やる必要があるのか。基本は清掃員にやってもらい、自分の周りだけ片付ける。時には道徳の時間で掃除を行う体験があってもいいのでは」とやり方を変えていく必要があるとの考えを示した。

    以下全文はソース先で


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 times.abema.tv)


    11/26(日) 20:13 ABEMA TIMES
    https://news.yahoo.co.jp/articles/526c178321d0edfee6ecf0bc527f42b5cc7e6343

    【教員を目指す現役大学生が「トイレ掃除」を教わる研修会…「便強会」とは? 便器に顔を突っ込むくらい近づき、2時間磨き続ける】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2023/08/21(月) 15:45:44.07
     全国有数の金魚の産地・奈良県大和郡山市で、8月20日、「全国金魚すくい選手権大会」が開かれました。

     今年は全国から精鋭約1700人が集まりました。制限時間は3分間。ポイと呼ばれる網が破れるまでにどれだけ多くの金魚をすくえるか競いあいます。一般の部では地元・大和郡山市出身の大学生の下牧竜大さん(21)が107匹をすくって優勝しました。

     (優勝した下牧竜大さん)「大会前の1週間とかは昼ぐらいから(練習に)行って夕方に帰ってというのを毎日繰り返していた感じです。うれしいっていう気持ちが一番あります」

    8/20(日) 19:18 MBSニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f616742f795ef624fb020c9d019d945fde984e8a

    ※関連ソース
    奈良県で金魚すくいの全国大会 小5女児92匹、兄と優勝
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f44b53c28d554a091902c2407cf27a691bd70be1

    小・中学生の部では、同市の小学5年下牧美結さん(11)が92匹をすくい、一般の部を制した兄とそろって優勝した。

    【男子大学生「3分間で107匹」 金魚すくい全国大会で優勝、小5の妹は92匹】の続きを読む

    このページのトップヘ