知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:学校



    1 水星虫 ★ :2024/06/15(土) 10:31:15.76
    給食の麦ごはんに脱酸素剤混入 約5700人分提供中止 横浜

    https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20240613/1050021257.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いのでご注意を

    今月10日、横浜市の中学校の給食として調理中だった麦ごはんに脱酸素剤が混入しているのが見つかり、
    教育委員会はおよそ5700人分について麦ごはんの提供を中止しました。
    この日は、ほとんどの生徒が主食のない給食を食べたということです。

    横浜市教育委員会によりますと、今月10日の午前10時すぎ、中学校の給食の調理を委託している事業者が
    相模原市の調理施設で容器に盛りつけた麦ごはんを金属探知機で確認したところ、
    食品の酸化を防ぐための脱酸素剤1つが混入しているのが見つかりました。
    脱酸素剤はもともと麦の袋に入っていて、麦を炊飯器に入れるときに誤って混入したということです。
    教育委員会は、この調理施設から提供される予定だった22校の生徒や教員
    およそ5700人分について麦ごはんの提供を中止しました。
    この日のメニューはポークカレーとオムレツなどで、独自にごはんを用意できた一部の学校を除いて、
    ほとんどの生徒が主食のない給食を食べたということです。
    横浜市教育委員会は「子どもたちが満足できる給食を準備したいと取り組むなか、
    ごはんを提供できず申し訳ない。再発防止に努めたい」としています。

    06/13 12:03

    【「今日の給食はライス抜きのポークカレーです」…ご飯に異物混入で5700人分】の続きを読む



    1 煮卵 ★ :2024/06/18(火) 11:23:12.34
     「娘の学校の上履きがスリッパで驚いた。災害時の避難は大丈夫?」。広島県呉市の女性から、長女が今春入学した市立中学校の校則について疑問の声が寄せられた。県外出身の女性の地元では上履きはシューズ。呉ではスリッパが主流なのだろうか。

    ■「災害時に靴に履き替える時間はない」
     指定のスリッパは、つま先とかかとがむき出しの形状。長女は、小学校ではシューズを履いていたので「脱げやすくて安定しないのが気になる。冬も冷えそう」と慣れない様子だ。

     呉市では2018年の西日本豪雨で甚大な被害が出た。防災士の資格を持つ女性は「災害時は靴に履き替える時間はない。スリッパは走りにくいし、かかとを踏まれて転ぶ危険性がある」との思いから学校に理由を聞いたという。回答は「決まりだから」。納得できない状況のまま不安を募らせている。

     市教委に尋ねると、導入の経緯や実態を把握していなかった。そこで市内の中学校の生徒指導規程を調べると、ほとんどが「指定のスリッパを履くこと」などと記載していることが分かった。

     広島市内で高校まで過ごした記者の上履きはシューズだった。災害時の避難を考えると、シューズのほうが安全な気もするが、呉市内ではどうしてスリッパを指定しているのだろうか。

    ■校内暴力が社会問題化した1980年代に増加

     学生服や上履きを扱う「高橋KO堂」(呉市)によると、スリッパは1980年代に増えたという。呉市出身で室内環境学が専門の神戸女子大の砂本文彦教授(51)も市立中でスリッパを履いていた。「校内暴力が社会問題化し、厳しい校則に基づく指導で生徒を管理するようになった時期。かかとをつぶしたり廊下を走ったりしないように、との狙いがあったのでは」と見る。

     同市内のある中学校長は「大まかなサイズ設定で成長期に買い替えなくて済む」などとメリットを話す。ただ、災害時の避難については「正直、不安だ」と漏らした。

     全国的には、東日本大震災を契機に「脱スリッパ」の流れにあるようだ。学校の上履きを扱う「教育シューズ」(広島市西区)の担当者によると、震災でスリッパを履いていた生徒の足にガラスが刺さったり脱げたりする例が多かったため、シューズの導入が広がっており、福山市でも同様の動きがあったという。

     呉市では宮原高がシューズに変更。義務教育学校の天応学園も動きやすさを重視し、昨年の開校時からシューズを採用している。ただ、同市と東広島市ではまだスリッパが多いという。砂本教授は「時代や状況に合わせて学校も柔軟に変化する必要がある。でないと『ただの変なルール』と受け取られかねません」と指摘する。

    [中國新聞]
    2024/6/18(火) 10:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e9599bdef3d2826a95f87101645f38d5091fd04

    【中学校の上履きが“スリッパ”!? 災害時の避難が心配 疑問視する保護者に学校は「決まりだから」】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2024/06/17(月) 22:36:54.57
    ※2024/06/17 22:17
    読売新聞

     栃木県大田原市議会の****市議(44)が、小学生の長女の学校健診結果への不満から、学校医を務める70歳代の男性医師に対して、「判定結果はおかしい。医師を辞めてしまえ」などと電話で強い口調のクレームを入れていたことが17日、分かった。この医師は先月末に学校医を辞任。後任が決まらない状態が続いている。

     市議会6月定例会初日の同日、市幹部が一連の経緯を菊池久光・市議会議長らに報告した。同市議会は今後、各派代表者会議を開いて対応を協議する予定だ。

    続きは↓
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240617-OYT1T50183/

    【長女の健診結果巡り市議(44)「医師を辞めてしまえ」、小学校医が辞任…「言い過ぎたと反省している」 後任決まらず…】の続きを読む



    1 @おっさん友の会 ★ 警備員[Lv.7][新芽] :2024/06/17(月) 09:37:07.41
    埼玉県桶川市の中学校で、ある校則が物議を醸している。教室での水分補給に関する「マナー」を定めたものだが、熱中症の危険性が指摘されるなど一部保護者の反発を招いた。専門家も「合理的な説明がつかないのでは」と疑問視する校則とは。

    この学校で今春、「生徒指導の変更点と確認項目まとめ」と題するプリントが生徒に配布された。物議を醸したのはそこに書かれていた校則の一つだった。

     原則、授業中やテスト中は(水筒で水やお茶を)飲まないことをマナーとする――。

    これを見た生徒の保護者(48)は「(熱中症で)生徒が命を落とすかもしれない。体調が悪くても『水を飲みたい』と言い出せない生徒もいるのでは」と訴え、撤回を求めた。学校は応じなかったという。

    この校則はなぜ作られたのか。教頭は取材に「教師が話している時も水筒を手に取るなど、生徒たちに節度がなくなっている実態があった」と経緯を説明。あくまで「原則」のため「どうしても飲みたい時は、挙手をするなどして教師の許可を得れば良い」と話した。桶川市教育委員会も「完全に水分補給を禁じているわけではなく、問題はない」との認識を示す。


    続きはYahooニュース
    毎日新聞 2024/06/17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7a523a51af7b6f98bf3965ff2024aa68ee36193

    【授業中の水分補給禁止は「マナー」? 中学の校則が物議】の続きを読む



    1 nita ★ :2024/06/17(月) 15:23:53.76
    6/17(月) 11:15配信
    Web東奥

     16日、中学総体地区大会東青地区の陸上競技が行われた、青森市のカクヒログループアスレチックスタジアムで、砲丸が生徒の頭に当たる事故があった。

     大会担当者は東奥日報の取材に「けがの程度や詳しい原因はわかっていない」と説明した。複数の関係者によると、事故は競技前のウオーミングアップ中に発生したとみられ、生徒は病院に搬送されたという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/52a445bbd069a73aecd79b844c87484b3f6b5380

    【【青森】生徒の頭に砲丸当たる 青森市で開催の中学総体地区大会】の続きを読む

    このページのトップヘ