知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:学校



    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/06/21(金) 09:19:47.55
    CBC web

    2024年6月20日(木) 06:02



    ことしのインターハイ=全国高等学校総合体育大会、男子バスケットボールは福岡県で8月初旬に一回戦を迎える。その舞台に、圧倒的に不利な戦力で臨むチームが和歌山県から乗り込む…たった6人の部員たちで戦うのだ。

    その和歌山代表は、日高川町にある学校法人南陵学園・和歌山南陵高校。驚くことに3年生部員6人だけで県予選を勝ち上がり、和歌山代表に。全員が県外出身者だという。

    バスケットボールは、コート上に常に1チーム5人がいなければならない。高校バスケのルールは、1クォーター10分で計4クォーター40分で決着をつける。

    40分間ほとんど走り続けなければならない彼らが、どのようにして和歌山代表にたどり着いたのか、知りたくなった。メンバーの母親を取材した。

    キャプテンは3年生の二宮有志選手。身長172センチ。粘り強いディフェンスと3ポイントシュートが武器。私たちCBCテレビのすぐ近くにある、名古屋市立冨士中学校の出身だ。

    二宮選手は、中学2年生の終わる頃、名古屋がホームのBリーグ『名古屋ダイヤモンドドルフィンズ』のU15カテゴリーのトライアウトを受けて所属することに。高校入学にあたって、そのままダイヤモンドドルフィンズのU18カテゴリーのメンバーとして所属する道もあった。

    しかし、二宮選手は高校バスケットで全国大会の舞台を経験してみたいと思うようになり、2022年の春、名古屋を離れ和歌山南陵高校への入学を決めた。理由のひとつには、冨士中学の一学年上の先輩が和歌山南陵高校バスケ部で活躍していたこともあった。

    「なぜ、和歌山なの?」と母親の三奈子さんは聞いたという。答えは「全国の舞台でなんとしても戦いたいから」だった。三奈子さんは続けて聞いた。「逃げるの?愛知の強豪高校の受験にチャレンジしないのはどうしてなの?」と。

    愛知には、ネブラスカ大学で大活躍した日本代表の富永啓生選手が卒業した桜丘高校や、中部第一など強豪がひしめく。二宮選手は、愛知県内ではなく、学校数がずっと少ない和歌山県なら全国へより近道になるからと言ったそうだ。

    入学の年を翌年にひかえた秋、和歌山南陵高校バスケ部の練習体験会に参加。その時、チームのプレースタイルがしっくりきたこともあり、家族の元を離れることを決心した。

    入学すると、身長205センチのナイジェリア人留学生、アリュー・イドリス・アブバカ選手をはじめ、1年生は14人。和歌山県外から集まっていた。上級生と合わせると、当時の部員数は全部で46人だった。

    バスケットボールはインターハイではベンチ入りは12人と決まっているため、熾烈なレギュラー争いが待っていた…はずだった。
    しかし、二宮選手らが入学した直後の2022年5月、給与の未払いなどを理由に教員らがストライキを行う「異例の事態」に。
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/cbc/1234794?display=1

    次ページ
    寮の朝ごはんは…「菓子パン」ひとつ
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/cbc/1234794?page=2

    【部員6人で全国大会! 教員ストや生徒募集ストップで部員減少も…】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。(茸) [ヌコ] :2024/07/03(水) 21:28:13.74
    【小学生の女の子がランドセル奪われる…男を逮捕】の続きを読む



    1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/07/04(木) 09:12:19.56
    日本高校野球連盟(宝馨会長)は3日、今年5月末時点で集計した加盟校数と部員数を発表した。硬式は昨年より加盟校も部員数も減少し、軟式は加盟校は減少したものの、部員数は増加した。

    硬式の加盟校は昨年より20校減少の3798校。もっとも多かった2005年の4253校をピークに19年連続の減少となった。

    硬式の部員は1年生(新入)部員が4万3836人、2年生が4万2604人、3年生が4万591人で、昨年より1326人減の12万7031人となり、10年連続の減少となった。

    昨年まで1年生部員は2年連続で増加していたが、今年は再び減少に転じた。

    部員数が減少したのは31道府県。もっとも減少したのは愛知の130人、次いで静岡の116人、福岡の112人。部員数が多いのは東京の9133人、次いで愛知の6800人、神奈川の6224人。もっとも少ないのは鳥取の736人となっている。
    軟式の加盟校は昨年より6校減の381校で、部員数は昨年より44人増の7716人
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8cc937713015173585b7b56a277b3a9af0167335

    【【高校野球】硬式の加盟校19年連続減少、部員も10年連続減少 部員が最も減少した道府県は…】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2024/06/30(日) 07:56:53.27
    <7.7東京都知事選・現場から>

     東京といっても、財政が豊かな23区と、多摩地域の市町村では、住民へのサービスに差がある。「多摩格差」と呼ばれ、その一つが小中学校の給食無償化。23区は全て実現した一方、多摩地域では半数近くの自治体が実施を見送り、住民からは不満の声も漏れる。(昆野夏子、岡本太)

    ◆「多摩26市の間に分断と格差が生じる」

     「多摩26市の間に分断と格差が生じる」。1月下旬、多摩地域の市長が集まる市長会。都が本年度から給食無償化の半額補助制度を始めることに、町田市の石阪丈一市長が懸念を示した。他にも同様の発言をした市長がいたという。
     無償化には億単位の恒久財源が必要となるため、財政力で劣る自治体にはハードルが高い。多摩30市町村のうち、4月時点で無償化できたのは14市町村。4市が6月議会で無償化の予算案が可決されて実施に動くが、残る12市町に具体的な予定はない。

    ◆「市は子育てしやすい町っていうのに」

     給食無償化が実現していないあきる野市で、中学生の娘と小学生の息子を育てる母親(44)は「不公平と思ってしまう。市も『子育てしやすい町』をうたうのに、一番ネックの経済面は助けてもらえないなんて」と不満を口にする。
     中嶋博幸市長は「都が半額補助しても、毎年1億円以上の経常経費を費やすのは厳しく、慎重に考えざるを得ない。子育て支援は総合的に考えていかないといけない」と述べる。
     「『なぜ23区はできて、ここはできないのか』とプレッシャーがすごい」「無償化しないと子育てに熱心ではないと思われる」
     多摩地域の市長たちはそう漏らす。ある市の幹部は、1月時点で無償化を決めていた多摩地域の自治体を調べた。「大半は23区と接しているか、市長選があった自治体だった」

    ◆2023年度は高校生の医療費無償化も問題に

     企業や商業エリアが多く税収に恵まれている23区に比べ、多摩地域は財政力に劣る傾向がある。近年は多摩地域内でも、武蔵野市など23区隣接やJR中央線沿線を中心に財政力のある自治体が増え、それ以外の地域との差が拡大。「多摩『内』格差」へと姿を変えつつある。昨年度から都が始めた高校生医療費の無償化でも問題になった。
     都知事選の主な候補らは、多摩格差の是正が必要との見解で一致。多摩地域での給食無償化の実現を掲げる候補もいる。

    ◆「不安なく施策を実施していく財源が・・・」

     都の元局長で今年1月に初当選した八王子市の初宿(しやけ)和夫市長は「八王子市に来て一番感じたのは財源がないこと。不安なく施策を実施していくための財源は、都にいた時の感覚からすると非常に心もとない」と打ち明ける。都道の整備の遅れも指摘し「区部と比べて人口の規模が違うが、災害時を考えると整備を進めてほしい」と訴える。
     ある市長は「正直言って、ふざけんなと思う」と怒りを隠さない。給食無償化以外にも道路整備や産業振興など、さまざまな分野で23区と差が広がっていると感じている。「こっちは金がない。職員の努力だけじゃどうにもならない」(昆野夏子、岡本太)

    東京新聞 2024年6月30日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/336846

    【給食無償化「23区はできるのに」と同じ都民が不満 「多摩格差」と「分断」の光景 結局「金がない」】の続きを読む



    1 冬月記者 ★ :2024/07/03(水) 13:06:44.13
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c17dc5d643f9d039b561d87789674ed5421bb58f

    『あさイチ』学校内での「盗撮」にスタジオ騒然… 博多大吉「途中から気持ち悪くなってきた」 ゲストも激怒


     NHK朝の情報番組「あさイチ」では3日の放送で、学校内での盗撮について取り上げた。お子さんが被害にあった親御さんの声が紹介されるなどした。

     学校内で、男子生徒による盗撮が複数回行われたが、学校側が「受験」を理由に対応してくれなかったと親御さんが嘆いたVTRが紹介されるなどし、ゲスト出演した坂下千里子(48)や山口もえ(47)が激怒。

     坂下が「1回目で成功して面白がって、2回、3回ってやって」、山口も「罪の意識がない」と声を荒らげて非難。学校の対応も疑問視した。


     続いて、学校内での盗撮画像のパトロール活動をしている女性が出演。

     卒業アルバムの写真とセットで盗撮された下着の写真がネット上で売られている実態が説明されると、スタジオの鈴木奈穂子アナが「えっ」と大きく声を上げ、スタジオ出演者らから動揺する声がこぼれた。

     VTR後、坂下は「ちょっとショッキング…全部ショッキング…で」と卒業アルバムが悪用されることに言葉を失った。

     MC博多大吉も「気持ち悪くなってきて…途中から。気持ち悪くない? なんでこんなことでお金稼いだり…」と事態がのみ込めない様子だった。

     この特集の衝撃は大きく、Xでは「あさイチ」がしばらくトレンド入り。「え。犯罪ですけど」「どんどん罪の意識が薄らいでいる」「学校、普通に隠蔽(いんぺい)してるやん」「犯罪としてあまりにも軽視されすぎてゲロ吐きそう」と悲鳴にも似た声が続々とネット上にあがっていた。

    【学校内での盗撮…「学校側が受験を理由に対応してくれなかった」「卒業アルバムの写真とセットで売られている」】の続きを読む

    このページのトップヘ