1 デビルゾア ★ :2023/09/13(水) 02:03:43.39
卑劣な性犯罪がなぜ教育現場で繰り返されてしまうのでしょうか。

11日、東京・練馬区の区立中学校の55歳の校長が、少女のわいせつな画像を所持していたとして逮捕されました。また、中学受験塾大手「四谷大塚」の元講師が強制わいせつなどの疑いで、警視庁に再逮捕されました。

現場も対策に乗り出していますが「問題がある人物を見抜くことは難しい部分がある」と言う声もあがっています。

わいせつ画像所持の校長「以前の勤務先の生徒を撮影」

東京・練馬区の区立中学校の55歳の校長が、少女のわいせつな画像を所持していたとして児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されました。調べに対し容疑を認め「私が以前、勤務していた中学校の生徒を撮影したものだ」などと供述しているということです。

逮捕されたのは、練馬区立三原台中学校の校長、*****容疑者(55)です。警視庁が自宅や勤務先を捜索したところ、少女の体を触る様子などが写ったわいせつな画像や動画が複数見つかったということで、詳しいいきさつを調べています。

警察庁によりますと、去年1年間に児童買春や児童ポルノをめぐる犯罪で検挙された教員は、全国で50人にのぼっています。

(中略)

「安全に学校に通えるのか心配だ」

逮捕された校長が勤務する中学校に1年生の娘が通う母親は「学校から連絡はなく、きょうの昼に友人から校長が逮捕されたことを知らされ、驚いた。身近でこのようなことが起こるなんて信じられないし、今後、安全に学校に通えるのか心配だ」と話していました。

また、中学校の卒業生で、校長を知る高校3年生の女子生徒は「人当たりがよく、あいさつをしたらいつも笑顔で返してくれていたので、ショックが大きい。被害者には誠意を持って謝罪してほしいと思う。関わることも多い先生だったので本当に驚いた」と話していました。

四谷大塚 元講師 児童10数人が盗撮被害

教え子の女子児童の下着を盗撮するなどして逮捕された中学受験塾大手「四谷大塚」の元講師が、同じ児童に無理やりわいせつな姿をさせて盗撮したなどとして警視庁に再逮捕されました。

元講師は、個別面談で児童と2人きりになったところで盗撮していたとみられ警視庁が詳しく調べています。

再逮捕されたのは中学受験塾大手「四谷大塚」の元講師、***容疑者(24)です。

警視庁によりますと、ことし5月、都内の塾の校舎で教え子の小学生の女子児童に対し、無理やり両足を広げて盗撮したとして、強制わいせつなどの疑いが持たれています。

元講師は教え子の女子児童の下着を盗撮するなどして8月逮捕されましたが、その後の捜査で、同じ児童に対して無理やりわいせつな姿をさせて動画を撮影していたことが分かったということです。

塾の個別面談で児童と2人きりになった際に行っていたとみられるということです。
調べに対し、容疑を認めているということです。

少なくとも10数人の児童が盗撮の被害に遭っていることが確認されているということで、警視庁は講師の立場を悪用して盗撮を繰り返し、動画などをSNSのグループチャットに投稿していたとみて詳しいいきさつを調べています。

学習塾で子どもへの性犯罪相次ぐ

ほかにも学習塾での子どもに対する性犯罪が相次いでいます。

8月には、三重県内にある学習塾のトイレで女子中学生を盗撮したなどとして50代の元塾長が逮捕され、ほかにもおよそ80人分の塾で盗撮したとみられる画像のデータが見つかっていてこれまでも盗撮を繰り返していたとみて捜査が進められています。

また、7月には、東京・練馬区の70歳の学習塾経営者が、教え子の10代の少女の体を触るなどしたとして強制わいせつの疑いで逮捕されるなど、学習塾の中での教え子に対する性犯罪が後を絶ちません。

(全文はこちら)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230911/k10014191811000.html

【【教育】校長が…塾講師が…教育現場で相次ぐ「性犯罪」 なぜ防げない?】の続きを読む