知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:担任



    1 煮卵▲ ★ :2023/12/06(水) 20:37:32.27
    ytv 2023/12/6(水) 18:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e65afdd761bafb6bda78f5cb97ec42c5ae873996

    いじめを受けた児童が自殺をほのめかしたノートに担任は花丸をつけていました。

    「かなしかった、つらかった」「わたしは死ねばいいのに」などと、自殺をほのめかす悲痛な訴えが書かれたノート。
    しかし、担任は花丸をつけ、「You can do it!!」などとコメントし、児童に返却していました。

    代理人弁護士によりますと、このノートを書いたのは奈良市立の小学校に通う女子児童で、3年生だった昨年2月、同級生に蹴られて全治1週間のけがをしました。

    一方、学校側は保護者からの相談や自殺をほのめかしたノートに適切に対応せず、児童はその後も繰り返しいじめを受けていたということです。

    被害児童の代理人・三橋和史弁護士「被害を受けているのにも関わらず自身の言葉を(学校側に)信じてもらえない状況が続いて、一方でいじめも継続していた」

    奈良市教育委員会・久保田浩司課長「(花丸は)励ましの気持ちをもって書いた、と当時担任の教諭は説明をしています」

    女子児童は適応障害やPTSD・心的外傷後ストレス障害と診断され、現在も症状が続いているということです。
    奈良市はいじめの重大事態に認定していて、今月中に調査結果を公表するとしています。

    【「わたしは死ねばいいのに」児童の訴え書かれたノートに担任が花丸「You can do it!!」】の続きを読む



    【小学校で嫌いな給食を友達に食べてもらっただけで担任に竹刀で何度も叩かれたのに問題にならなかった昭和時代】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2023/06/07(水) 17:49:38.69
    ※6/5(月) 21:48配信
    読売新聞オンライン

     山口県柳井市の市立小学校で、6年生の担任教諭が自身のタブレットに書き込んでいた学習状況などに関するメモを一部の児童が見たことで、「学校に行きたくない」などと訴えていたことが、校長や市教育委員会への取材で分かった。不適切な表現があったといい、学校は5日から当面、担任を別の教諭に代行させる措置を取った。

     校長らによると、2日の朝の会の前、打ち合わせのため担任が教師用タブレットを教壇に置いたまま約20分間、教室を離れた。タブレットは操作ができる状態で、約30人のクラスの半数ほどがメモを見た。

     メモは児童の学習への取り組みや学校内の人間関係、保護者の要望などを担任が個人的にまとめたもので、校長らが確認したところ、一部の児童について努力の成果が見られないとの趣旨を記した部分や、保護者とのやりとりに関する部分に不適切な表現があった。5日は1人が体調不良で欠席したという。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b14d6bb26091ff875d181ee796b2b361555f72e0

    【小6担任が教室に忘れた「タブレット」の中身を、クラスの半数が見てしまう…「不適切な表現」があり、一部児童が体調不良】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2023/02/17(金) 07:48:48.37
    静岡県教育委員会は2月16日、自らが担任をするクラスの児童に対して、「バカなやつらばっかりだ」「学校に来るな」などと、不適切な発言を繰り返した小学校教諭を戒告の懲戒処分としました。
    【60歳小学校教諭、教え子に「バカなやつらばかり」「嫌だけど、お金をもらってるから今年は担任する」】の続きを読む



    1 鬼瓦権蔵 ★ :2022/12/24(土) 13:00:56.13
    生徒に対しセクハラ・わいせつ行為を行ったとして、東京都教育委員会が11月に懲戒免職処分とした葛飾区立の中学校に勤めていた20代の男性教諭が、行為発覚以降も処分までの1年以上にわたって担任などを務め、教壇に立ち続けていたことがわかった。
    「急な担当替えなどがあれば、注目を集めかねない」との学校の判断だったが、保護者らから疑問の声が上がっている。
    【中学教師が複数の女子生徒にわいせつ行為も、担任外さず…校長「担任を外せば詮索されてしまう」と説明】の続きを読む

    このページのトップヘ