知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:損害賠償



    1 Ikhtiandr ★ :2024/04/08(月) 14:43:28.37
     大阪市天王寺区にある有名進学校「私立清風高校」の男子生徒が試験でカンニングをした後に教師が指導する中で生徒自らに「卑怯者」だと言わせたことなどが原因で男性生徒が自殺したとして、生徒の遺族は8日、学校側に対し1億円あまりの損害賠償を求める裁判を大阪地裁に起こしました。

     訴えを起こしたのは、亡くなった当時清風高校2年生の男子生徒(当時17)の両親です。

     訴状によりますと、男子生徒は2021年12月、試験でカンニングをしたため、母親が立ち会いのもとで指導を受けた際、教師から「カンニングがなぜ悪いか」と尋ねられ、男子生徒が「ずるいことをした」と回答すると、教師が「それにとどまらない卑怯なことであり、卑怯者がやることだ」と言われたといいます。

     さらに、教師からは以下の処分を言い渡されました。
    ・全科目0点
    ・家庭謹慎8日(この間、友人等との連絡禁止)
    ・写経80巻、心得書き写し
    ・反省文と反省日誌の作成
    ・学校推薦は行わない

     その2日後の朝、男子生徒は建物から飛び降り自ら命を絶ちました。

     男子生徒の遺書には「死ぬという恐怖よりも、このまま周りから卑怯者と思われながら生きていく方が怖くなってきました」と記されていたということです。

     両親は、自殺は教師の不適切な指導が原因であり安全配慮義務を怠ったとして、清風高校を運営する学校法人「清風学園」に対し、計1億円あまりの賠償を求め訴えを起こしました。

     両親側は、「清風高校では日ごろから朝礼などで生徒に対して『カンニングは卑怯者のすることだ』という話をしていて、男子生徒のカンニングが発覚した際もこの話を引き合いに出して圧迫的な指導をしたことに加え、大量の課題を与えたことは、強い恐怖とプレッシャーを感じた生徒が極端な行動に走らせる危険をはらむ行為だ」と主張しています。

     また、学校側が設置した第三者委員会は指導と自殺の因果関係を否定していますが、両親側は委員の選定方法や内容について納得していないと訴えています。

     これに対し、学校側は「訴状が届いていないので、現段階ではコメントできない」としています。

    Yahoo!Japan/ytv 4/8(月) 13:08配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8217a4588d45460da2e4fc4eb9abc8b0254d3f0

    【カンニング後に教師から「卑怯者」、男子生徒が自殺…遺族が学校側に「1億円あまり」の賠償を求め提訴】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2023/11/26(日) 12:15:58.91
    埼玉県のさいたま市立小学校で担任教諭が小学5年の女子児童(当時)に対して給食の完食を強要したとして、女子児童と両親らが慰謝料など損害賠償を求めた訴訟で、市は24日、市に損害賠償を命じたさいたま地裁判決を不服として、東京高裁に控訴したと明らかにした。

    10月25日の判決は「担任教諭として許される程度を超えて行われた指導」などと33万円の支払いを命じた。市側は専決処分を受けて11月10日に控訴し、専決処分の報告議案を29日開会の市議会12月定例会に提出する。

    埼玉新聞 2023/11/25/15:42
    https://www.saitama-np.co.jp/articles/56149/postDetail

    【初報はこちら】
    強要…小食の女児に無理やり、給食を完食させようと迫る 母親から「食べられる量が他の児童の1割」と言われていた担任教諭、6割まで盛り増し さいたま市に賠償命令「許されない、違法と言わざるを得ない」
    https://www.saitama-np.co.jp/articles/51792/postDetail

    【小食の女子児童に「給食の完食」強要で33万円支払い命令…判決不服で控訴】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。(国際宇宙ステーション) [FR] :2023/10/15(日) 08:39:41.93
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    タブレット端末故障問題 知事“法的手段も含め厳正に対応”
    10月13日 18時06分

    県立学校に配布されたタブレット端末に故障が相次いでいる問題で、徳島県の後藤田知事は13日の会見で「法的手段も含め厳正に対応する」と述べ、必要があれば端末を調達した業者に対し、損害賠償の請求を検討する考えを示しました。

    県が、県立学校に配布しているタブレット端末をめぐっては、合わせて1万6500台のうち、およそ17%にあたる2859台で故障がみつかりました。

    端末は中国製で、いずれもこの夏の猛暑や経年劣化によるバッテリーの膨張が故障の原因とみられ、県の教育委員会は端末の選定に問題がなかったか調査を進めています。

    この問題で、後藤田知事は13日の定例の記者会見で「生徒のために知事の責任として早急に対策を講じる。交換や修理について国の臨時交付金の活用を検討したい」と述べ、対応を急ぐ考えを示しました。

    そのうえで後藤田知事は「端末の契約やメンテナンスがどのように行われていたか検証し、法的手段も含めて厳正に対応したい」と述べ、必要があれば中国のメーカーから端末を調達した業者に対し、損害賠償の請求を検討する考えを示しました。
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20231013/8020018787.html

    【徳島の県立学校、中国製タブ配布→夏の猛暑で故障多発→調達業者に損害賠償請求検討】の続きを読む



    1 ◆Sen4E3P802 愛の戦士 ★ :2023/07/05(水) 13:24:17.62
    7/5(水) 13:16
    チューリップテレビ

    7年前、富山県滑川市の40代の中学教諭が、部活動などの長時間労働で過労死したことをめぐり、遺族が富山県と滑川市に損害賠償などを求めた裁判で、富山地裁は富山県と滑川市に計8300万円余りの支払いを命じる判決を言い渡しました。

    この裁判は、2016年7月、滑川市の公立中学校の教諭だった40代の男性が「くも膜下出血」を発症し死亡したのは、市側が勤務時間を適切に管理する義務を怠った安全配慮義務違反によるものだなどとして、男性教諭の妻と子どもたちが、県と市に対し、およそ1億円の損害賠償と謝罪を求めたものです。

    訴状によりますと、男性教諭は当時、理科の教科指導や3年生の担任に加え、女子ソフトテニス部の顧問を兼務していて、土日も部活動の試合などで発症前の53日間のうち休みは1日だけだったということです。

    発症前3か月の時間外勤務は、月110時間から155時間にのぼり、過労死ラインとされる月80時間を大きく上回っていました。

    男性の死から2年後の2018年には、「くも膜下出血」の発症は長時間勤務が原因だとして、「公務災害」に認定されました。

    妻側は夫が死亡したのは、市側が勤務時間を適切に管理する義務を怠った安全配慮義務違反によるものだと主張。

    一方、市側はこれまでの裁判で、部活動については「教員の自由裁量によって行われた」などと反論していました。

    チューリップテレビ
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/25c47336847915c2545032e11041fa693f0c0e55&preview=auto

    【部活動による長時間労働で過労死した40代中学教諭 地裁が県などに8300万円余りの支払い命じる判決】の続きを読む



    生徒は別れようとしたが元教諭に受け入れてもらえず、精神的に追い詰められて

    1 ぐれ ★ :2022/10/14(金) 10:27:53.60
    大分県立高校の元男性教諭(懲戒免職)が女子生徒と親密な関係になり、自殺未遂に追い詰めたとして、生徒と母親が県に約1億3000万円の損害賠償を求めた訴訟は12日、大分地裁で和解が成立した。県は解決金500万円を支払う。
    【元教諭と親密な関係だった女子生徒が自殺未遂… 県が500万支払いで和解成立も、生徒は現在も昏睡状態】の続きを読む

    このページのトップヘ