知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:教員採用試験


    1 ボラえもん ★ :2022/08/01(月) 11:21:48.99
    来年春に採用される県内の公立小学校の教員採用試験で、受験倍率が1.0倍と、平成以降最も低い水準にとどまり、人材の確保が課題となっています。
    【大分県、小学校教員採用試験の倍率が1.0倍… 県教委「大変厳しい状況」】の続きを読む


    少子化で児童生徒数も減少しているが、国の方針を受けて学級数は増加。
    小学校の採用者数は1999年度から3年間は100人以下だったが、2013年度以降は250人以上が続いている。

    1 凜 ★ :2022/08/01(月) 12:09:05.51
    岐阜県教育委員会が実施した来年度採用の公立学校教員採用試験で、小学校の採用倍率が1・9倍となり、2年連続で2倍を割り込んだことが31日までに分かった。
    【岐阜県、小学校教員の採用倍率「2年連続2倍割れ」 要因は採用人数の高止まり…なぜ?】の続きを読む



    1 ボラえもん ★ :2022/05/22(日) 13:20:53.06

    教員不足が全国で課題になる中、岐阜県でも教員が足りなくなっていて、岐阜県教育委員会は採用試験の受験者数を増やすため論述試験を廃止するなど選考の内容や要件を緩和することになりました。

    【県教委「より多くの人に受験してもらいたい」 岐阜県の教員採用試験、論述問題を廃止】の続きを読む



    (出典 4.bp.blogspot.com)

    教育実習と大学推薦のみで採用を決定

    1 ボラえもん ★ :2021/04/20(火) 17:54:45.59 ID:0fqP9stf9.net

    福岡市は、2022年度(令和4年度)福岡市立学校教員採用候補者選考試験から、筆記試験や面接を課さない新たな採用試験制度を導入する。

    【福岡市の教員採用 令和4年度から「試験なし」制度を導入】の続きを読む



    (出典 1.bp.blogspot.com)

    平均倍率は2.7倍で過去最低を更新

    1 ボラえもん ★ :2021/02/02(火) 14:03:19.68 ID:R7spJzsz9.net

     都道府県教育委員会などが2019年度に実施した公立小学校の教員採用試験で、競争率の全国平均は2.7倍と過去最低だったことが2日、文部科学省の調査で分かった。 バブル景気の影響で民間就職が好調だった1991年度を下回った。 

    【小学校の教員採用 倍率が2倍を切る自治体が増加】の続きを読む

    このページのトップヘ