知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:教育



    1 煮卵 ★ :2024/06/18(火) 11:23:12.34
     「娘の学校の上履きがスリッパで驚いた。災害時の避難は大丈夫?」。広島県呉市の女性から、長女が今春入学した市立中学校の校則について疑問の声が寄せられた。県外出身の女性の地元では上履きはシューズ。呉ではスリッパが主流なのだろうか。

    ■「災害時に靴に履き替える時間はない」
     指定のスリッパは、つま先とかかとがむき出しの形状。長女は、小学校ではシューズを履いていたので「脱げやすくて安定しないのが気になる。冬も冷えそう」と慣れない様子だ。

     呉市では2018年の西日本豪雨で甚大な被害が出た。防災士の資格を持つ女性は「災害時は靴に履き替える時間はない。スリッパは走りにくいし、かかとを踏まれて転ぶ危険性がある」との思いから学校に理由を聞いたという。回答は「決まりだから」。納得できない状況のまま不安を募らせている。

     市教委に尋ねると、導入の経緯や実態を把握していなかった。そこで市内の中学校の生徒指導規程を調べると、ほとんどが「指定のスリッパを履くこと」などと記載していることが分かった。

     広島市内で高校まで過ごした記者の上履きはシューズだった。災害時の避難を考えると、シューズのほうが安全な気もするが、呉市内ではどうしてスリッパを指定しているのだろうか。

    ■校内暴力が社会問題化した1980年代に増加

     学生服や上履きを扱う「高橋KO堂」(呉市)によると、スリッパは1980年代に増えたという。呉市出身で室内環境学が専門の神戸女子大の砂本文彦教授(51)も市立中でスリッパを履いていた。「校内暴力が社会問題化し、厳しい校則に基づく指導で生徒を管理するようになった時期。かかとをつぶしたり廊下を走ったりしないように、との狙いがあったのでは」と見る。

     同市内のある中学校長は「大まかなサイズ設定で成長期に買い替えなくて済む」などとメリットを話す。ただ、災害時の避難については「正直、不安だ」と漏らした。

     全国的には、東日本大震災を契機に「脱スリッパ」の流れにあるようだ。学校の上履きを扱う「教育シューズ」(広島市西区)の担当者によると、震災でスリッパを履いていた生徒の足にガラスが刺さったり脱げたりする例が多かったため、シューズの導入が広がっており、福山市でも同様の動きがあったという。

     呉市では宮原高がシューズに変更。義務教育学校の天応学園も動きやすさを重視し、昨年の開校時からシューズを採用している。ただ、同市と東広島市ではまだスリッパが多いという。砂本教授は「時代や状況に合わせて学校も柔軟に変化する必要がある。でないと『ただの変なルール』と受け取られかねません」と指摘する。

    [中國新聞]
    2024/6/18(火) 10:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e9599bdef3d2826a95f87101645f38d5091fd04

    【中学校の上履きが“スリッパ”!? 災害時の避難が心配 疑問視する保護者に学校は「決まりだから」】の続きを読む



    1 @おっさん友の会 ★ 警備員[Lv.7][新芽] :2024/06/17(月) 09:37:07.41
    埼玉県桶川市の中学校で、ある校則が物議を醸している。教室での水分補給に関する「マナー」を定めたものだが、熱中症の危険性が指摘されるなど一部保護者の反発を招いた。専門家も「合理的な説明がつかないのでは」と疑問視する校則とは。

    この学校で今春、「生徒指導の変更点と確認項目まとめ」と題するプリントが生徒に配布された。物議を醸したのはそこに書かれていた校則の一つだった。

     原則、授業中やテスト中は(水筒で水やお茶を)飲まないことをマナーとする――。

    これを見た生徒の保護者(48)は「(熱中症で)生徒が命を落とすかもしれない。体調が悪くても『水を飲みたい』と言い出せない生徒もいるのでは」と訴え、撤回を求めた。学校は応じなかったという。

    この校則はなぜ作られたのか。教頭は取材に「教師が話している時も水筒を手に取るなど、生徒たちに節度がなくなっている実態があった」と経緯を説明。あくまで「原則」のため「どうしても飲みたい時は、挙手をするなどして教師の許可を得れば良い」と話した。桶川市教育委員会も「完全に水分補給を禁じているわけではなく、問題はない」との認識を示す。


    続きはYahooニュース
    毎日新聞 2024/06/17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7a523a51af7b6f98bf3965ff2024aa68ee36193

    【授業中の水分補給禁止は「マナー」? 中学の校則が物議】の続きを読む



    1 nita ★ :2024/06/17(月) 15:23:53.76
    6/17(月) 11:15配信
    Web東奥

     16日、中学総体地区大会東青地区の陸上競技が行われた、青森市のカクヒログループアスレチックスタジアムで、砲丸が生徒の頭に当たる事故があった。

     大会担当者は東奥日報の取材に「けがの程度や詳しい原因はわかっていない」と説明した。複数の関係者によると、事故は競技前のウオーミングアップ中に発生したとみられ、生徒は病院に搬送されたという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/52a445bbd069a73aecd79b844c87484b3f6b5380

    【【青森】生徒の頭に砲丸当たる 青森市で開催の中学総体地区大会】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/06/15(土) 23:28:20.83
    6/14(金) 11:08配信

    お笑いナタリー

    来週6月17日(月)より放送される、学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校(以下N/S高)のCMに明石家さんまが出演する。
    ネットと通信制高校の制度を活用した“ネットの高校”として知られるN/S高。
    「全部自分で作ったの?」編と題したCMでさんまは現役N/S高生との交流を楽しみながらオンライン学習の一端に触れている。

    N/S高のキャンパスに登校し、生徒に次々と質問して「なんやねんそれ。わからへん!」と未知の分野に頭を抱えるさんま。
    イラストを描いている生徒から似顔絵を見せられて喜んだり、VRヘッドセットをつけてバーチャルの世界を堪能したりするさんまの様子に注目してみては。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bff767cebc620652441cf7d8b0c6c94de866fc1e

    【明石家さんま、N高等学校のテレビCM出演「こんな学校もあるんだ」】の続きを読む



    1 ゴアマガラ ★ :2024/06/13(木) 21:33:39.36
    12日に行われたサッカー天皇杯全日本選手権の2回戦で、J1名古屋を破る大金星を挙げた日本唯一のサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ(JSC)」(新潟県代表)に注目が集まっている。
    プロチームに初勝利したという快挙を受け、試合後は同校のホームページが一時つながりにくくなった。13日には同校の資料請求の問い合わせが通常の倍近く舞い込むなど活気づいている。

    ■プロ輩出のきっかけに

    JSCは、新潟県聖籠(せいろう)町の中学校の跡地を再利用し、サッカーの日韓ワールドカップが開催された平成14年に設立された日本初のサッカー総合専門学校。
    J1のアルビレックス新潟の育成組織で、選手を目指すサッカー専攻科(3年制)の他に、トレーナーやコーチ、審判の育成、サッカービジネスなどを学ぶコースがある。高等部も含めた生徒数は約500人。

    高校卒業以上の資格があれば誰でも入学できるが、サッカー専攻科は定員(35人)があり、毎夏に開催されるセレクションで選抜される。高校時の実績やセレクションの成績によっては、学費などが一部免除される特待生待遇もある。

    サッカー専攻科の生徒の多くが、サッカー選手になることを目指しているが、これまでの卒業生でプロになれたのは10人程度にとどまるという。大半は各都道府県で行われているアマチュアの地域リーグの選手や指導者、コーチなどの道に進むのが現状だ。

    同校担当者は、「今回、J1のチームに勝利したことをきっかけに、プロチームのスカウトからもJSCの選手に注目が集まると思う」と強調。同校からプロ選手の輩出が増える呼び水になればと期待を寄せる。

    ■大半は新潟県外出身者

    サッカー専攻科には現在約120人が在籍しており、約8~9割を新潟県外の出身者が占める。今回、名古屋に勝利したトップチームは、国内サッカーリーグの5部に位置するアマチュアの地域リーグのひとつである北信越フットボールリーグ1部に所属。
    Jリーグでプレーしたプロ経験者を含めた約30人の選手で構成されている。試合には、同校の学生が、チームのマネージャーやコーチ、アナリスト、トレーナーなどの業務をこなすスタッフとして帯同し、プロチームでも活用できる実務スキルを学ぶという。

    また、セカンドチームは北信越フットボールリーグ2部に、サードチームは新潟県1部リーグにそれぞれ所属。生徒たちは校舎に隣接するサッカーコート約2面分の広さの人工芝コートを練習で使用でき、学校生活に影響のない範囲であれば、アルバイトをすることもできる。(西村利也)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ecd868a0ef535d0b8b48e7eec57f099e4a6fd1a

    【J1に大金星 日本初の「サッカー専門学校」に問い合わせ殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ