知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:教育委員会



    1 @シャチ ★ 警備員[Lv.10] :2024/07/01(月) 20:14:14.87
    7/1(月) 17:08配信 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/033f692dc30119f851143a28444e09fc141fac65

     「原則、授業中やテスト中は(水筒で水やお茶を)飲まないことをマナーとする」との校則を定めていた埼玉県桶川市の中学に、市教育委員会が「生徒の水分補給は適切に行わせるように」との通知を出していたことが、市教委などへの取材で明らかになった。同中学では今春からこの校則を導入し、一部保護者からの反発を招いていた。


     市教委によると、「水分補給は生徒の健康状態などを踏まえて適宜、適切に行わせるように」という趣旨の通知を6月24日付で出した。学校の校則について「熱中症になる危険性が高まるのでは」「体調が悪くても『水を飲みたい』と言い出せない生徒もいるのでは」などの意見が保護者らから相次いだのを受け、通知を出すことを決めたという。

     学校によると、校則を設けたのは4月で、プリントを配布して生徒・保護者に周知した。この学校では、新型コロナ禍以降、感染防止対策で換気をしていたため教室の冷房が利きにくくなり、自由な水分補給を認めていた。現在は窓を閉めるなどして適切な室温を維持しており、「教師が話している時も水筒を手に取るなど、生徒たちに節度がなくなっている実態があった」として校則を導入したという。

     通知を受けて校則の運用を変更したか尋ねた毎日新聞の取材に、教頭は「校内の決まりに関することで、外部に公表する話ではないと考えている。答えは差し控える」と話した。取材に応じたこの学校の男子生徒(13)は「6月下旬に学校から『授業中の水分補給は認めるが、教師が話している間は飲まないように』との連絡があった」と話した。【加藤佑輔】

    【中学校「授業中に水分補給するのは校則違反」→市教委「生徒に対し適切に水分補給させよ」と通知】の続きを読む



    1 @滑稽マン ★ 警備員[Lv.0][新][苗] :2024/04/18(木) 18:57:39.96
    大阪・関西万博を巡り、教職員らの労働組合が、会場の安全性に不安があるとして子どもたちを無料で招待する事業の見直しを求めました。

     大阪府は、府内の4歳から高校3年生までの子どもたちを無料で万博に招待する方針で府内の学校に対して、来場希望日などの意向調査を進めています。

     18日、教職員らで作る労働組合は、会場で工事中の火花が可燃性のガスに引火する事故が起きたことや、災害時の避難経路が不明確だなどとして府教育委員会に対し招待事業を見直すよう申し入れました。

     大阪教職員組合 米山幸治書記長
     「いろんな不安や心配の声がたくさん出ています。招待という形でやる以上きちっとしたサポートをやるべきだと」

     府教育委員会は「安全性を確認して、招待事業を進めていきたい」とコメントしています。

    読売テレビ 4/18(木) 18:42配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/312b63418296a1af7b7c36bfc18f6ab423311247

    【"大阪の子どもたちを万博に無料で招待” 教職員組合が見直し求める「会場の安全性に不安がある」】の続きを読む



    1 名無し募集中。。。 :2024/04/13(土) 10:02:39.29 0
    ◆「あなただけの感動と出会って!」教員の魅力訴え

    佐賀県教委の担当者「みなさんはどんな先生になりたいですか。今の思いを胸に新たな一歩を踏み出してほしいと思っています」

    先週、佐賀県庁で開かれた講習会。会場に集まったのは、教員免許を持っていながら教職に就いていない、いわゆる「ペーパーティーチャー」です。教員の魅力を伝えようと、教育委員会の担当者が熱弁をふるいます。

    佐賀県教委の担当者「1日として同じ日がない中で、あなただけの感動と出会ってください」

    講習会を開いた背景にあるのは、深刻な教員不足です。佐賀県教育委員会によりますと、公立の小中学校や高校などで不足している教員の数は、2023年度は64人に上りました。

    内訳:小学校14人、中学校33人、高校10人、特別支援学校7人

    2022年度から2割以上増加していて、教員不足に歯止めがかからない状況となっています。佐賀県では2022年度から、年1回だった公立小学校の教員の採用試験を年2回に増やしました。

    https://rkb.jp/contents/202305/202305316230/

    【教育委員会「教師になりませんか、感動できますよ」】の続きを読む



    1 香味焙煎 ★ :2024/02/11(日) 21:52:40.42
     北海道旭川市で2021年、いじめを受けていた中学2年広瀬爽彩さん=当時(14)=が失踪後に凍死した問題で、広瀬さんが失踪前の19年6月に自殺未遂をしたことについて、市教育委員会が当時の市長に「学校でしっかり対応している。いじめはない」と報告していたことが11日、分かった。市教委の対応のずさんさが改めて浮き彫りになった。13日で失踪から3年となる。
     当時の市長西川将人氏が共同通信に明らかにした。後の調査で、自殺未遂の直前に学校の先輩から受けた行為がいじめと認定されたが、西川氏は「情報が乏しく、市教委の認識が『トラブル』という状況では、いじめだと判断して市として対応することはできなかった」と振り返った。
     自殺未遂は、地元月刊誌が約3カ月後に報道した。市教委の内部資料と西川氏によると、当時の教育長らは西川氏を訪ね「事実と全然違う」と非難。本人からの訴えがないことなどから「いじめとの判断に至っていない」などと説明した。
     また広瀬さんが既に転校しており「同種の事案は発生しない」とも述べた。

    東京新聞
    2024年2月11日 16時56分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/308798

    【【いじめ・凍死】旭川市教育委員会「いじめなし」 市長にずさんな報告】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2024/02/11(日) 09:34:54.94
    人事を行う教育委員会に「上納金」の慣行 約80の教員団体 校長候補の「名簿」も添えて…名古屋市が調査へ

     名古屋市教育委員会事務局が市内全16区の校長会など80以上の教員の団体から毎年、1団体ごとに3万円前後の現金などを受け取っていたことが関係者への取材で分かった。各団体は次年度の市立小中学校の校長に推薦する教員の名簿とともに金品を納めていた。事務局幹部は取材に「激励と受け止めている。金品が人事に反映されることはない」と話したが、事態を把握した市は「団体側から市教委への上納金」と判断、不適切な金品の授受にあたるとして調査する方針だ。
    ◆10年以上続く慣習、教職員課が受け取り帳簿も
     複数の関係者によると、この慣習は少なくとも10年以上、続いている。各団体が校長に推薦する教員の名簿とともに納める金品は、市教委事務局で教員の人事を担当する教職員課が受け取っており、帳簿も作成していた。市幹部は「校長人事が金で動いていると疑われかねない、あしき慣習だ」と話している。
     市内には、教員の任意団体が市立小中学校の校長で構成する各区の校長会のほか、出身大学・高校・部活動の同窓団体、担当教科の研究会など80以上ある。複数の団体に加入している教員もいるという。
     これらの団体が毎年夏ごろ、次年度の市立小中学校の校長人事を見据え、校長に推薦する数人の教員の名簿を教職員課に提出。その際に現金や商品券を納めていた。同課の課長は歴代、教員出身者が務めている。
     受け取った金品の使途について、校長経験者の市教委事務局幹部は取材に「夏の教員採用、年度末の定期異動の作業繁忙期に職員が深夜勤務する際の飲食費や、会合で市議、教職員課OBらを招いたり、現場の教員から意見を聴いたりする会合の車代に使っている」と説明した。
    ◆「市教委は激務、われわれ勤務者に激励。人事に反映ない」
     その上で「教員が学校から市教委に移ると激務になる。学校現場の教員たちが、われわれ市教委勤務者に激励として金品を贈っていると認識している」と強調し「校長人事に反映されることはない」と話した。各団体が校長に推薦する教員の名簿を提出していることについては「学校現場の現状を市教委事務局が把握するための資料」と述べた。
     名古屋市立小学校は261校、市立中学校は110校(いずれも分校は除く)。例年、春の教職員異動で60~70人程度が新たに小中学校長に就任している。
    ◆あきれる慣習、金品伴うのは聞いた事がない
    元文部科学省官僚の寺脇研・京都芸術大教授(教育行政)の話 令和になって、このような慣習が続いていることにあきれるし、金品が伴うというのは聞いたことがない。外部から「校長人事で特別な配慮がされた」と疑われても仕方がない。明らかにいきすぎだ。教育現場には戦前の師範学校の名残で、昭和の終わりくらいまで学閥が存在していたが、名古屋ではまだ残っているのか。名古屋市と市教委は早急にうみを出し切らなければならない。

    東京新聞 2024年2月11日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/308679

    【名古屋市教育委員会に「上納金」の慣行 約80の教員団体から現金を受け取る…校長候補「名簿」添えて】の続きを読む

    このページのトップヘ