知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:教育費


    「産めばなんとかなる、と信じて妊活してきました。けれど、息子を私立の中高一貫校に入れた場合の家計をファイナンシャルプランナーに相談したら、本当にギリギリだった」

    1 田杉山脈 ★ :2022/09/21(水) 01:47:52.59
    1億総中流ははるか昔の話だ。
    いまや中間層は所得減に苦しみ、教育費が重くのしかかる。
    2人目を産むのを諦めたり、そもそも子どものことを考えられない人もいる。
    AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。
    【長男に中学受験させたいから「2人目は諦めた」 教育費の捻出に苦しむ中間層の親たち】の続きを読む



    「世帯における18歳未満の人数は、最も多い「石川県」で0.80人、最も少ない「長崎県」で0.36人と地域差があります。これらを補正して、18歳未満の子ども、1人あたりの教育費としてみていきましょう。」

    1 風吹けば名無し :2021/12/12(日) 11:49:19.13

    上位は首都圏、一都三県が上位を占め、大都市圏有する地域が教育にお金をかける傾向にあります。

    【子どもにかける教育費 都道府県別ランキング、1位「東京45万」、47位「青森10万」】の続きを読む



    「私立大学と私立高校の授業料で給料は消えます。小学生(の子ども)は、習い事はもちろん、塾にも通えません。」

    1 haru ★ :2021/09/11(土) 14:21:53.31

    「私立大学3年生(理工学部)、私立高校3年生、公立小学校3年生の3人を子育て中」と語る、世帯年収1000万円の40代後半女性。

    【世帯年収1000万円でも毎月赤字 「幼児より、中学生以上に手厚い補助を」】の続きを読む



    「同じ教育を受けるのに、これほど親の負担に差がある。多く働いて税金も多く払っているのに…」

    1 haru ★ :2021/08/14(土) 18:32:26.08

    収入が増えれば増えるほど、所得税や社会保険料は増えていく。
    それだけでなく、所得制限により公的助成の対象外となることもある。

    【世帯年収1000万円 でも「教育費」で圧迫され、家計はカツカツ…】の続きを読む

    このページのトップヘ