知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:教育



    1 煮卵 ★ :2024/06/12(水) 18:10:38.62
     新型コロナウイルスの流行が落ち着き、海外への修学旅行が復活している。ただ、円安や燃油サーチャージの高騰に伴い、費用はコロナ禍前より格段に上昇。広島県内の公立高校では総額が40万円近くのところもある。苦肉の策として、行き先を国内へ変える動きも出ている。

    ■姉妹校提携あり「切っても切れない絆」と説明

     広島市西区の40代女性は「旅費を考えると胸が苦しくなる」と、切実に語る。市内の高校に通う長男の修学旅行の費用は小遣いやパスポート代も含めると40万円弱だ。「日用品が値上がりし家計は苦しい。だからと言って、行かせないのはかわいそう過ぎるし…」

     海外へ行く意義は―。「切っても切れない絆がある」と説明するのは、ハワイに行く井口高(西区)だ。2000年に姉妹校提携した現地の高校と「日米で使える平和教材を作る」というテーマで学習を深めてきた。両校の生徒は2人1組のペアになり、関係を温める。矢野就暁(のりあき)教頭は「会って話せば、相手の発言の背景を感じ取れる。得がたい経験」と強調する。

     ハワイ行きは5年ぶり。先輩から「現地で学んだ達成感」を聞く機会が乏しく、3泊5日で約33万円の費用にばかり目が向かないかとも気をもむ。ハワイ行きに憧れて進学する生徒がいるとはいえ、家庭の経済負担を考えるとハワイ行きは苦しい判断だった。来年はハワイと国内の選択制にするという。

    ■国内変更「費用を理由にいけない生徒を出したくない」

     三原東高(三原市)は今年、行き先を国内に切り替えた。5年ぶりに台湾行きを計画したが、前回は1人約10万円だった費用が約15万円に高騰。教員からも異論が上がり、東京に変更した。さらに2泊3日に縮めて10万円台に抑える予定だ。竹内大雄(ともお)教頭は「費用を理由に行けない生徒を出したくない」と話す。

    続きは
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7d284b92099edbf89e196a2f4f3ecaebf1aa791

    [中國新聞]
    2024/6/12(水) 10:01

    【海外への修学旅行が40万円!? 円安の影響…「国内と海外の選択制」にする学校も】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2024/06/10(月) 14:19:58.88
    東京大は10日、20年間据え置いてきた授業料について「改定を検討している」とする藤井輝夫学長のコメントを同大のホームページで公表した。値上げする場合は経済的困難を抱える学生への配慮が不可欠だとし、「授業料免除の拡充や奨学金の充実などの支援策も併せて実施しなければならない」と説明した。

    コメントでは、国からの運営費交付金や授業料収入などの限られた財源を活用し、教育研究環境の充実や設備老朽化、物価や人件費の増大などに対応しなくてはならないと強調。費用を安定的に確保するため、様々な施策に取り組むなかで、授業料の改定も検討しているとした。

    授業料免除といった支援策は具体的な仕組みを検討中だという。今後については、6月内に予定している学生との「総長対話」などを通して様々な意見を聴き、「大学の将来のために、今何を具体的にすべきかを慎重に見極めていく」とした。学生らに検討案を示すともした。

    文部科学省の省令は国立大の授業料の標準額を年53万5800円とし、最大で20%まで引き上げられると定めている。関係者によると、東大は最大で年10万円増の64万2960円とすることも視野に入れている。学生や教員の間から反対の声も上がっている。

    日本経済新聞 2024年6月10日 13:35
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE102GY0Q4A610C2000000/

    【東京大学長「授業料改定を検討、値上げなら支援策」 ホームページで公表】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2024/06/12(水) 09:25:01.10
    神奈川、埼玉、千葉の首都圏3県が、子育て支援に絡み東京都が独自に実施する行政サービスとの「格差」に頭を悩ませている。同じ施策を行おうにも、財源の問題から実現は困難。人口流出などに危機感を募らせる3県は国に対し、自治体間の税収差の解消を訴えている。

    ■基金では足りず

    「住んでいる地域により、教育費負担に大きな差が生じている」

    5月23日に都内で開かれた関東知事会。神奈川県の黒岩祐治知事は、都が今年度から実施する高校授業料の実質無償化を念頭にこう述べ、無償化を実施するまでの間、国に財政支援を求めた。

    千葉県の熊谷俊人知事も「首都圏のような一体性が高い地域では、制度の格差が人口流出やさまざまな不公平感につながる」と同調。埼玉県も賛同の意を示した。

    実際、都が打ち出している子育て支援策は、周辺3県と比べ格段に手厚い。今年度の当初予算では、都内居住者を対象にした私立高授業料実質無償化の所得制限撤廃(600億円)のほか、都内在住の0~18歳を対象に1人当たり月5千円を支給する「018サポート」(1245億円)などを計上している。

    埼玉県の試算によると、仮に高校授業料の実質無償化と018サポートを同県が予算化した場合、単年度で781億円が必要だが、令和6年度末時点の同県が積み立てた基金の残高見込みは418億円。単年度の事業でも不可能な金額だ。

    ■「税の偏在」原因

    3県が都との財政状況を比較する指標として取り上げるのが、収入に対し人件費などの固定的な支出が占める割合を示す「経常収支比率」だ。100%に近づくほど自由な施策に使える予算がなく、財政が硬直化していることを表す。

    令和4年度の経常比率は神奈川県は98・5%、埼玉県は96・2%、千葉県は95・1%なのに対し、東京都は79・5%。人口が多く、企業も集中する東京は自由に使える財源が潤沢で、これが格差の生じる要因になっている、というわけだ。

    埼玉県の大野元裕知事は5月14日の定例会見で、仮に同様の施策を実施すれば「他の行政サービスが行われなくなる」と強調。「(政策の)優先順位の問題ではなく、税の偏在性の問題に他ならない」と訴えた。

    全文はソースで 最終更新:6/12(水) 9:17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d2227e505484a07c1df5ad053ffb3d4683d2c86

    【「教育格差で東京に人口流出」危機感強める首都圏3県… 国に財源措置要望】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2024/06/10(月) 22:21:51.24
    世界初!廃棄物から洗剤成分“セスキ”を合成 成功したのは高校生 地域のゴミ問題解決の研究が世界から高評価

     愛媛の高校生たちが、捨てられるゴミから“油汚れに強い洗剤”として知られる「セスキ炭酸ソーダ」を作り出すことに成功した。
     世界から注目される画期的な研究で目指すのは「大量に捨てられるゴミの有効活用」だ。

    ■地産地消でセスキ洗剤合成を目指す

     「セスキ炭酸ソーダ」とは、「セスキ炭酸ナトリウム(NA2CO3・NAHCO3・2H2O)」とも呼ばれる弱アルカリ性の洗剤で、酸性の頑固な油汚れや手あかや皮脂など、タンパク質の汚れを落とす一方、環境への負荷が少なく、台所掃除の定番として注目されている。

    (以下略、続きはソースでご確認ください)

    テレビ愛媛 2024年6月10日 月曜 午前10:45
    https://www.fnn.jp/articles/EBC/711059

    【愛媛の高校生、廃棄物から洗剤成分“セスキ”の合成に成功! 地域のゴミ問題解決の研究が世界から高評価】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [CN] :2024/06/09(日) 14:35:21.39
    sssp://img.5ch.net/ico/cinara.gif
    宮崎県内の一部の小学校では今週から水泳の授業が始まっていますが、こちらは去年、宮崎市の小学校で
    児童一人一人に渡された記録賞です。どのくらいの距離を泳ぐことができるかを記録したものなのですが、
    6年生のこちらの児童はクロールで記録は「5メートル」でした。率直にどう感じますか?


    実は、この児童が特に記録が伸びなかったというわけではなく、この学校では6年生の半分の児童が
    10メートル以下の記録だったのだそうです。なぜ、子どもたちの体力が低下しているのか。
    運動の指導法などが専門の南九州大学の宮内孝教授は、現代の子どもたちは地域の遊ぶ場所が
    少なくなったり、時間の使い方が変化したりと様々な要因で運動する時間が減っていると指摘する。
    また、最近は子どもたちもスマートフォンなどデジタル機を使いこなしているが、画面を見る時間、
    いわゆる「スクリーンタイム」が短い子どもほど体を動かす能力値が高い結果もあるそうだ。

    (南九州大学人間発達学部 宮内孝教授)
    「幼児期、小学校低学年の時期にさまざまな運動を経験しておくと、そこで培った基本的な動きを使って、
    それぞれのスポーツの技術を習得しやすくなるので、幼児期、小学校低学年の時期はとても大事だと感じている」

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/mrt/1219066?display=1

    【水泳クロール「5mの記録証」…小6の半分が"10m以下"の学校も 子どもたちの体力は低下傾向?】の続きを読む

    このページのトップヘ