知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:教育



    1 Ikhtiandr ★ :2024/05/15(水) 00:24:24.27
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
    「ヘボン式」と「訓令式」、日本で2つの表記法が混在している「ローマ字」について使い方や表記の整理に向けての議論が始まります。

    日本のローマ字表記には「ヘボン式」と「訓令式」の2つの表記法があり、地名や駅名などをローマ字で表記する場合は一般的に「し」を「shi」と表記する英語のつづりに近い「ヘボン式」を採用している一方、学校の授業でローマ字を学習する際には「し」を「si」と表記する「訓令式」が原則として使われています。

    日本語のローマ字のつづり方は1954年の内閣告示に基づき、これまで「訓令式」を基本としてきましたが、近年の文部科学省による世論調査では、「ヘボン式」を使う人が多いという傾向が示されていて、現在、2つの表記法が日本で入り交じっている状況が続いています。

    こういった社会の実態も受け、14日、盛山文部科学大臣は日本語のローマ字のつづり方について、「時代に応じた整理が必要」だとして文化審議会に対しローマ字の表記の整理や使用について諮問しました。

    今後、審議が進められ仮にローマ字表記法が「ヘボン式」を基本とすることになればおよそ70年ぶりの改定となります。

    文部科学省は今年度中にも外来語表記とローマ字つづりに関する意識を調査を行う予定で、この調査の結果などを踏まえつつローマ字表記法に関する考え方を取りまとめたい方針です。

    Livedoorニュース/日テレNEWS 2024年5月14日 20時28分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/26405803/

    【ローマ字表記70年ぶりに改定か… 「ヘボン式」と「訓令式」が混在している現状】の続きを読む



    1 少考さん ★ :2024/05/13(月) 13:16:14.83
    教員給与増、勤務間休息も 処遇改善・負担減の提言案 | 共同通信
    https://nordot.app/1162600805033001696

    2024/05/13
    Published 2024/05/13 13:08 (JST)

    中教審の特別部会は13日の会合で、教員確保に向けた処遇改善と働き方改革の提言案を示した。公立校教員に残業代の代わりに上乗せする月給4%相当の「教職調整額」を10%以上に引き上げることや、11時間を目安とする「勤務間インターバル」の導入などが柱。同日の議論で提言がまとまれば、文部科学省が給与増に関し、来年の通常国会に教員給与特別措置法(給特法)改正案を提出する手続きを進める。

     残業代を支払う制度への抜本的改革は見送られる。長時間労働が深刻な学校現場からは、制度温存では残業削減が進まないとの懸念も根強い。

     提言案では、終業から次の始業まで休息時間を明確にする勤務間インターバルは、生活や睡眠の時間確保に有効だと指摘した。残業は「全教員が月45時間以内」を目標とし、将来的に月20時間程度を目指すとした。

     受け持つ授業が多い小学校学級担任の負担軽減を目的に、(略)

    ※全文はソースで。

    【教員の給与増、勤務間インターバルの導入も… 処遇改善・負担減の提言案】の続きを読む



    1 @おっさん友の会 ★ 警備員[Lv.6][新初] :2024/05/13(月) 17:45:11.58
    ●非加入世帯の児童には防犯ホイッスルの配布や防災備品の用意・保管ができないと文書で通達

    神奈川県内のある公立小学校のPTA加入に関する文書がネット上で拡散、物議を呼んでいる。非加入世帯の児童には防犯ホイッスルの配布や防災備品の用意・保管ができないという内容に、ネット上では「命に関わることでも差別してくるのか」と批判の声が相次いでいる。事実関係について、同校に話を聞いた。

    小中学校において、任意加入の保護者と教職員が児童生徒のためにボランティアで支援活動を行うPTA。結成や加入を義務付ける法的根拠はないものの、参加が事実上強制となっている地域もあり、保護者からは負担の声が上がっている。

     今回拡散した「PTAご加入をご検討中の方へ」と題された文書では、白米や水、乾パンといった防災備品、新入生用ヘルピー(防犯ホイッスル)、卒業証書のホルダー等の卒業記念品、ネームホルダーといったのPTA会費で購入する物品について
    「『PTA会費を原資とし、PTAの活動として会員児童に提供される物品やサービス』となりますので、PTAへの加入をご希望されない場合は(中略)提供や支給や参加をお約束することができません。
    また、PTA非加入の場合は防災備品についても学校での用意及び保管はできかねますので、予めご了承ください」と記されている。また、「登校班に所属されない方は、原則毎日保護者と登校してください」との記述もある。

     この内容について、ネット上では「防災備品まで、PTA非会員のために『保管はできかねる』だって。命に関わることでも、差別してくるのか」
    「すごいですね! 被災し大混乱の中、『あなたPTA加入してますか!?』といちいち確認しながら備品配るんですか?」「本当に必要なものは公費で買わないと」「PTAごときで命の選別しないでほしい」
    「実際PTA入会理由のほとんどが『自分の子が差別されたくないから』じゃないの」「この問題ほんと根強い。どうあってもPTAに加入させたい層が存在してるんやろなぁ」など、批判の声が殺到している。

    つつきはYahooニュース ENCOUNT
    令和6年5月13日 13:20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5cb5ea8269e591a42a50d5a16f99af2517ed780

    【PTA非加入児童の防災備品の「学校での用意・保管」はできない…PTA加入に関する文書に「命に関わることでも差別してくるのか」】の続きを読む



    1 PARADISE ★ :2024/05/13(月) 10:07:10.73
     部活と言えば、大会を目指してトレーニングに励んだり、音楽などの文化活動に取り組んだり。そんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

    ただ、今回取り上げるのは、全国的にも珍しい「投資部」です。部活で投資?という声もありそうですが、明確な教育目的があるといいます。

    いま、国は、金融に関する知識や判断力を身につける金融教育に力を入れています。2年前には高校で金融教育が必修化されました。部活動での投資経験を通じて金融について学んでもらう、それが狙いです。


    高校に投資部?!
    投資部があるのは沖縄市にある仙台育英学園沖縄高校です。

    那覇市の中心部から車でおよそ40分、住宅が立ち並ぶなかに、薄いピンク色が特徴的な校舎が現れます。

    2023年4月の開校にあわせて「投資部」が設けられました。

    学校では、家庭科の授業で金融教育を行っています。

    ただ、座学だけでは得られないものがあり、学んだ知識を実践で活用してほしいと、この部の設立を決めたそうです。

    沖縄県の所得水準が全国でも低いとされる中、生徒たちの金銭的な自立につなげたいという思いもあったということです。

    この部では、どんな活動を行っているのか。

    週1回の活動日に学校を訪れました。

    授業が終わった午後3時半過ぎ、教室に集まってきたのは、入部を検討する1年生と投資部の生徒あわせて19人。

    入部体験を兼ねたこの日は、オンラインで東京の証券会社の社員から講義を受けました。

    「就職活動で東京に滞在するとしたら、どれくらいの費用がかかるのか」、「海外に留学に行くにはどれぐらいのお金が必要か」などと生徒たちに問いかけ、生徒たちはインターネットで費用などを調べ自分のライフプランなどとあわせて発表していました。

    その後、投資部の2年生は別の教室に移り、今年度どういった銘柄に投資をするか、議論を始めました。
    生徒達の手元には、業界ごとの最新事情が掲載された冊子や株価のチャート。

    気になる企業や業界について最新状況を調べます。

    メンバーからは「2024年問題というのをニュースで放送していた。バス業界で運転手不足が予想されるので、AIや自動運転の技術を持つ企業が注目されるのではないか?」「ことし11月にアメリカで大統領選挙が行われる。大統領候補が力を入れている政策と関係ある日本の企業を探してみてはどうだろうか」など、国際情勢や社会問題を意識した議論が進められていました。
    投資部の仕組みとは
    この投資部、実際に株式を売買しますが、次のようなルールが決められています。
    ○学校が100万円の資金を用意。

    ○入部にあたっては、証券会社の講義7回をすべて受けることが条件。

    ○講義で得た知識やテレビなどで収集した情報をもとに、生徒がどの株式を買うか検討。

    ○運用成果を求めるのではなく、社会への関心を広げる目的から、購入するのは、投資信託などではなく、日本企業の株式に限定。

    ○銘柄を決める際は、その理由を発表し、部員の過半数の同意を得ることが必要。

    ○生徒が購入したい銘柄を先生に伝え、先生が証券会社に対して株式の購入を依頼。
    投資を通じて国際情勢や社会問題などに触れること、日本企業の財務情報を読み解いてリスクを含めて自分で判断できる力を身につけること。

    こうした方針に沿って部活動が運営されているということでした。

    以下ソース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240509/k10014443261000.html

    【部活で金融教育… 高校に「投資部」、学校が100万円の資金を用意】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2024/05/11(土) 10:19:26.01
    教員の人材確保のため、千葉県と千葉市の教育委員会は、奨学金の返済を全額肩代わりする制度などを新たに設けて志願者を募集したところ問い合わせが殺到し、受け付けの期間を急きょ、延長することになりました。

    千葉県と千葉市の教育委員会は、今年度に行う公立の小中学校などの教員採用試験を前に、先月はじめから志願者を募集しています。

    今年度の募集にあたっては優秀な人材を確保しようと、▽大学生や短期大学生の奨学金の返済を全額肩代わりする制度を始めたほか、▽県立高校で一定の課程を修了した学生向けの地域枠や、▽一度離職した元教員を対象とした試験制度などを新たに設けました。

    その結果、制度を受けられる条件や応募の方法などについて問い合わせが殺到し、今月に入ってからは多い日で1日100件ほどの電話が寄せられ対応が追いついていないということです。

    こうした状況を受けて教育委員会は、10日までとしていた志願者の受け付けを、13日まで延長する対応を取ることになりました。

    千葉県教育委員会は「想定以上に反響があり、受け付け期間の延長は異例だ。問い合わせにしっかり対応し、志願者が不安なく受験できるようにしたい」としています。

    NHK 2024年5月11日 7時38分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240511/k10014446281000.html

    【「奨学金返済肩代わり」で教員募集 問い合わせ殺到…千葉】の続きを読む

    このページのトップヘ