判決で大阪高裁は、実験で使用した塩酸について、安全とされる濃度の約3倍~7倍のものが用いられたと認める

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/04/29(金) 13:05:08.25

2013年に京都市の中学校で硫化水素を発生させる理科の実験の際に吐き気やふらつきなどの中毒症状を患い、さらに精神的にも苦痛を受けたなどとして、当時学校に通っていた生徒が学校側に対して約370万円の損害賠償を求めた裁判で、大阪高裁は学校側に約157万円の賠償を命じました。

【中学校の理科実験で「硫化水素」中毒症状… 生徒が学校を訴え、157万円の賠償命令】の続きを読む