知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:給特法



    時間外勤務手当を出す分、おそらく教員定数の増加や教員以外のスタッフの増加などは、さらに夢のまた夢となるであろう。
    残業代が出るようになることと、教職員数が増えることと、優先度の高いのはどちらなのか?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/08/02(火) 19:15:25.69
    公立学校の教員には残業代が出ない。給特法という特別法で、約50年前にできた制度がずっと続いている。その代わり月給の4%が加算されているが(教職調整額)、これでは「定額働かせ放題」だとして、給特法はたびたび批判されてきた。一見わかりやすい主張だが、本当にそうなのだろうか。今日はこの問題を考える。
    【教員は「定額働かせ放題」 給特法を改正すれば教員の業務は適正化される…って本当か?】の続きを読む



    「土曜日に学校で朝焼けを見るたび、『私、何のために働いているのだろう』と思います」

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/17(金) 22:46:31.95
    「毎週土曜日、職員室から朝焼けを見ます」
    そう語った女性教員。育児と両立するため早朝に出勤して仕事にあたっているといいます。
    【「毎週土曜日、職員室から朝焼けを見ます」 教員と家族から500件のSOS】の続きを読む



    経験が浅い若手は毎日4〜5時間の残業をしているといい、「20〜30代の独身教員たちが『結婚はできても子育てはできない』と言っていたのはショックだった」

    1 スダレハゲ ★ :2021/09/23(木) 22:01:44.59

    時間外労働をしたのに残業代が支払われないのは違法だとして、埼玉県内の公立小学校の男性教員(62)が県に未払い賃金242万円の支払いを求めた訴訟が10月1日、さいたま地裁で判決を迎える。

    【公立小学校教員「時間外労働に残業代を」と提訴 次世代の教員のために…】の続きを読む

    このページのトップヘ