知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:高校生



    1 ぐれ ★ :2024/07/16(火) 19:26:51.66
    ※2024年07月16日 17:37社会
    スポニチアネックス

    高校生15人体調不良、「18禁カレーチップス」製造の磯山商事が謝罪「多大なるご迷惑をおかけし…」

    磯山商事公式サイト(http://www.isoyama-shoji.co.jp/index.html)から
     東京都大田区の都立六郷工科高で16日、激辛のポテトチップスを食べた生徒15人が体調不良を訴えた問題で、「18禁カレーチップス」を製造する磯山商事(茨城県鉾田市)は同日、「お客様はじめ、関係各位に対し多大なるご迷惑をおかけいたし申し訳ございません」とコメントした。

     この日午後0時40分ごろ、同校で体調不良者がいると119番があった。東京消防庁によると、15人が体調不良を訴え、激辛のポテトチップスを食べたという。いずれも軽症とみられる。

     同社は代表取締役の磯山広行氏の名でリリースを発表。「本日、18禁カレーチップスを召し上がった高校生が病院へ救急搬送されたとの報道に接しました。お客様はじめ、関係各位に対し多大なるご迷惑をおかけいたし申し訳ございません」と謝罪した。

    続きは↓
    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2024/07/16/kiji/20240716s00042000239000c.html

    【高校生15人体調不良、「18禁カレーチップス」製造の磯山商事が謝罪「多大なるご迷惑をおかけし…」】の続きを読む



    1 ぐれ ★ :2024/07/16(火) 15:52:06.36
    ソース更新しました

    ※フジテレビ
    2024年7月16日 火曜 午後3:26

    東京・大田区の都立高校で激辛のポテトチップスを食べた高校生の男女15人が体調不良を訴え、これまでに14人が病院に搬送されました。

    警視庁などによりますと、16日午後1時前、大田区にある都立六郷工科高等学校で、高校1年生の女子生徒14人と男子生徒1人が激辛のポテトチップスを食べて体調不良を訴えたということです。このうち14人が、吐き気や口の痛みなどの症状を訴え救急搬送されました。

    いずれも意識はあるということですが、車椅子で搬送された生徒もいるということです。


    続きは↓
    https://www.fnn.jp/articles/-/729340
    ※前スレ
    【東京】激辛ポテトチップス食べ高校生15人救急搬送 大田区 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1721106906/

    【高校生15人、学校で激辛ポテチを食べて救急搬送 辛すぎて歩けず車椅子まで…激辛食品は「18禁」表記】の続きを読む



    1 BFU ★ :2024/07/06(土) 17:17:11.10
    茨城県警によると、4日午後4時ごろ、鉾田市塔ケ崎で高校生への声かけが発生しました。(実行者の特徴:男性、50代位、青色長袖シャツ、黒色自転車)

    ■実行者の言動や状況
    ・自転車に乗り、下校途中の生徒に声をかけた。
    ・「心理学者やってるんだけど、独学だけどね、信号変わったら渡っていいよ、おれは怪しい人じゃないから」

    https://nordot.app/1182199374999535799?c=134733695793120758

    【【事案】怪しくない独学の心理学者が高校生に声かけ…】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/05/28(火) 17:44:36.33
    2024/05/28 14:26
     再整備工事が進められている磯上公園(神戸市中央区)に、竹を細かく砕いた「竹チップ」で舗装した歩道が誕生する。
    昨年、放置竹林問題を学ぶ兵庫県立御影高校(同市東灘区)の生徒が市に提案した竹の活用法をベースに、市が実現させた。
    放置竹林の課題解消につながるだけでなく、アスファルトに比べて路面の温度を低くする効果があるといい、猛暑対策としても期待される。(伊藤大輔)

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240527-OYT1T50173/

    【高校生のアイデア「竹をチップ化し歩道の舗装に使う」…路面温度を低くする効果、放置竹解消の一石二鳥】の続きを読む



    1 牛乳トースト ★ :2024/05/11(土) 11:16:35.55
    ドジャース・大谷翔平選手の元通訳・水原一平氏による違法賭博問題で注目が集まった、ギャンブル依存症とオンラインカジノ。実は今、日本の若年層にギャンブル依存症が増加しており、そのほとんどがオンラインを通じたギャンブルによるものだという。高校生や大学生が大金をつぎ込んでしまうケースもあるという現状について、「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子氏に聞いた。

    依存症とは、脳の状態が変化して欲求をコントロールできなくなり、「やめたくてもやめられない状態」に陥る病気だ。しだいに社会生活が困難になり、家族など周囲の人にも悪影響を及ぼすようになっていく。

    医学的には「嗜癖」という言葉が使われており、アルコールや薬物などに対する物質依存と、特定の行動やプロセスへの依存(行動嗜癖)の2種類ある。ギャンブル依存症は後者の行動嗜癖に当たるが、実は今、その低年齢化が進んでいるようだ。

    (中略)

    現状、インターネット上には違法賭博につながってしまうさまざまな罠があるということだが、高校生がお金のやり取りをすることは可能なのだろうか。

    「アカウント登録や出金には身分証明書の提出が必要で、基本的には高校生は利用できません。しかし、登録済のアカウントを売る業者から、ペイペイなどでアカウントを買って遊ぶ子もいます。高校生はアルバイトで自由に使えるお金も手に入るので、簡単に始めることができてしまうのです。また、ギャンブル好きの友人に感化されてしまうケースも。オンラインカジノのアフィリエイトサイトには、自分にも友達にもポイントがつく友達紹介制度などの案内もあるため、友達同士で広がりやすい。部活の中で流行っているという話も聞いています」…

    *記事全文は以下ソースにてご覧下さい

    5/11(土) 8:02 東洋経済オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9a4c67163a2df3300c8a92f29cf23f76964e293

    【オンラインカジノ、高校生にも広がる危険な実態 教育が重要、「ギャンブル依存症」の教員も多い】の続きを読む

    このページのトップヘ