知りタイムズ

「学校・教育関係」を中心とした、2chでの気になる記事、面白いと感じた記事を扱うまとめブログです。まとめながら自分も色々なことを知ることができたらと思っています。

    タグ:高校野球



    1 征夷大将軍 ★ :2024/04/19(金) 06:56:35.67
    スポーツ報知 2024年4月19日 4時0分
    https://hochi.news/articles/20240418-OHT1T51236.html

    8月7日に開幕する第106回全国高校野球選手権大会(17日間・甲子園)の一部日程で、暑さ対策として午前と夕方以降に試合を行う「2部制」が導入の方向で検討されていることが18日、スポーツ報知の取材で分かった。同大会では年々深刻化する気温の上昇に伴い、選手たちの熱中症対策が急務になっている。まずは開幕日を含む3試合実施予定(3試合日)の3日間、試験的に行う案が、19日に行われる第2回大会運営委員会で討議されることになった。

     夏の甲子園大会の懸案とされてきた酷暑対策へ、日本高野連が大きな第一歩を踏み出す可能性が高くなった。比較的涼しい午前中と、夕刻以降の「2部制」で試合を行うというもので、今大会では「3試合日」の3日間、テスト的に実施する方向で準備が進んでいる。関係者は「まずは3試合の日にやってみようという案。そこで得たデータや出てきた問題点を元に、次の段階に進むことを想定しています」と語った。

     近年、夏の猛暑は激しさを増すばかりだ。昨夏の開幕日では熱中症の疑いで計6選手が理学療法士の処置を受けるなど、大会を通じて担架で運ばれる選手が続出。抜本的な対策が求められていた。

     日本高野連は以前から「2部制」の研究を進めており、実現へシミュレーションを重ねてきた。今夏の開幕戦では、開会式後に1試合を行い、気温が上昇する午後帯にインターバルを設けた後、夕刻から2試合を行うことを想定している。開会式に出た後、第2試合に出場するチームは近隣の施設に待機し、第3試合に出場するチームはいったん選手宿舎に戻る―といった具体的な計画も水面下で検討されている。

     現在、夏の甲子園大会はそのほとんどが1日4試合。これまで観客は入場券を買えば一日中、試合を観戦することができた。3試合の日に「2部制」が導入された場合、入れ替えを行うのか、その際の価格設定をどうするのかといった課題はある。しかし、選手の健康面が最優先であることは言うまでもない。

     高野連はこれまで暑さ対策として休養日の増加、白いスパイクの使用許可、延長10回からのタイブレーク導入、5回終了後のクーリングタイム10分間などの施策を行ってきた。「プレーヤーズ・ファースト」の見地からも、朝夕の「2部制」は実現すれば、改革の一歩となる。

     18年京都大会で3時間の休憩も 〇…18年の京都大会では、4試合日の準々決勝で酷暑対策として第2試合終了後、約3時間の休憩を設けた例がある。当初は第3試合が午後1時30分、第4試合が午後4時の開始予定だったが、第2試合が午後1時7分に終了し、第3試合は午後4時5分開始に。第4試合は午後7時1分開始のナイターとなり、延長11回の熱戦。午後10時37分終了という高校野球では異例の事態となった。

     ◆甲子園大会の選手負担軽減策

     ▽休養日 13年から準々決勝後に設けられ、19年からは準決勝の翌日、21年からは3回戦第2日の翌日にも設定され、計3日に。

     ▽白スパイク許可 それまでは黒のみ許可されていたが、スパイク内の暑さが緩和されることから、20年度から白も可能に。

     ▽10回からタイブレーク タイブレーク制は18年センバツから延長13回で導入。23年春から高校野球の全公式戦で延長10回スタートに。

     ▽クーリングタイム 23年夏から5回終了時、水分摂取と身体冷却のため10分間導入。大型の送風機、冷凍庫、サーモグラフィーの他、スポーツドリンク、アイスベスト、ネッククーラーなどが用意された。

    【【高校野球】夏の甲子園 朝夕「2部制」導入の方向で検討 酷暑対策で3日間の3試合日にテスト 熱中症から選手を守れ】の続きを読む



    1 ネギうどん ★ :2024/04/02(火) 10:06:47.86
     第96回選抜高校野球大会第9日(28日、甲子園)は準々決勝が行われ、星稜(石川)、高崎健康福祉大高崎(群馬)、中央学院(千葉)、報徳学園(兵庫)が準決勝進出を決めた。今大会から新基準の金属バットが導入された影響からか、28試合を終わってわずか3本塁打とホームランが激減。高校野球ファンからさまざまな反響が寄せられている。

    今大会はここまで28試合を終えて、柵越えは第2日のモイセエフ・ニキータ外野手(愛知・豊川)、第5日の正林輝大外野手(鹿児島・神村学園)の2本だけ。第8日の境亮陽外野手(大阪・大阪桐蔭)のランニング本塁打を含めても本塁打はわずか3本。過去3年間、準々決勝までの試合で比較すると、23年は11本、22年は12本、21年は9本のホームランが出ており、今大会は明らかに減っている。

    試合を左右する一発が見られないと嘆く高校野球ファンは多く、X(旧ツイッター)では「例年なら入る打球も入らない…」「ヒットすら激減している」「さすがに少なすぎ」「バットの威力以上に将来が心配」と不安視するコメントが多く寄せられた。

    また甲子園といえば、超高校級と呼ばれたスラッガーが豪快な本塁打を放つのも魅力のひとつだったが「これでは選手権の中村奨成(広島・広陵)1大会6本塁打は超える人は出てこない」「清原(和博、大阪・PL学園)や松井(秀喜、石川・星稜)のような伝説級の怪物はもう見られない」と悲しむポストもあった。

    反発力を抑えた“低反発バット”は直径の上限が従来の67ミリから64ミリに変更。ボールをとらえる金属部分も3ミリから4ミリ以上と1ミリ厚くなった。これによって反発力が低減され、日本高野連によると、打球の初速は3.6%ダウン。飛距離も5~6メートル落ちる見込みだと言われていた。

    https://www.iza.ne.jp/article/20240328-4HMUSNDT2RBWXPSP42I6CIV7SM/

    【選抜高校野球 バット変更で本塁打激減 28戦でわずか3本に「清原みたいな怪物もう出てこない」とファン嘆き】の続きを読む



    (出典 blogger.googleusercontent.com)


    1 征夷大将軍 ★ :2024/03/22(金) 12:38:41.54

    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    デイリー新潮 2024年03月22日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2024/03220601/

    (前略)
    少し古いが、複数の全国紙が世論調査を行ったこともある。読売新聞が2007年5月に行った調査では、次のような質問項目が用意された。

    地元中を卒業していない部員
    《高校野球では、選手が出身県以外の強い高校に入学する、いわゆる「野球留学」によって、主力メンバーの大半を県外出身者が占めるチームもあります。あなたは、こうした野球留学について、一定の歯止めが必要だと思いますか、それとも、今のままでよいと思いますか》

     この質問に対し、「歯止めが必要だ」は46・3%、「今のままでよい」が34・8%、「どちらとも言えない」が16・3%となった。

     翌08年3月には毎日新聞が調査を実施。「日本高校野球連盟に最も望むことは何ですか」との質問に、「野球留学の特待生を禁止してほしい」と答えたのは、わずか11%に過ぎなかった。

     読売新聞の調査からは、野球留学に関する賛否は拮抗していることが分かった。毎日新聞の調査からは、野球留学の是非について、かなりの人が重要な問題とは考えていない可能性が浮き彫りになった。

     3月18日、第96回選抜高等学校野球大会が開幕した。「春の甲子園」、「センバツ」などと呼ばれることが多く、今年は一般選考の30校に、21世紀枠の2校が加わり、合計32校が出場を果たした。

     毎日新聞出版が発行する『センバツ2024 第96回選抜高校野球大会公式ガイドブック』(サンデー毎日編集部)ではベンチ入りする選手のプロフィールを紹介している。

     ベンチ入りできる部員は20人が上限。ガイドブックには選手の出身中学校も記されており、高校とは違う都道府県の場合は(東京)(千葉)(大阪)などと記載されている。

    トップ5は全て私立高
     これを使って、「ベンチ入り選手に占める、野球留学生の可能性がある部員の割合」を計算してみた。保護者の転勤などで引っ越した部員も含まれている可能性はあるが、それも1人とか2人だろう。10人とか15人という高校では、野球留学生を積極的に受け入れている可能性が高い。では、トップ5をご覧いただこう。

    【1位】95・0%
    日本航空高等学校石川(石川県輪島市)

    【2位】90・0%
    高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬県高崎市)
    京都国際中学校・高等学校(京都府京都市)

    【4位】85・0%
    山梨学院中学高等学校(山梨県甲府市)
    創志学園高等学校(岡山県岡山市)

     トップ5のうち、全てが私立の高校だった。1位の日本航空石川はベンチ入りした20人のうち、石川県の中学校を卒業した部員は1人だけだった。富山県の中学校を卒業した部員が4人と最も多く、次は兵庫県の3人、大阪府と福岡県が2人ずつだった。

     2位の健大高崎は群馬県の中学校を卒業した部員は2人。東京都の中学校を卒業した部員が6人と最も多く、続いて北海道、神奈川県、栃木県が2人ずつだった。

     同じ2位の京都国際中学校・高等学校は前身が在日韓国人向けの民族学校。大韓民国からも正規の学校として認可されており、2004年度から一般に門戸が開かれた。最多は大阪府で7人、滋賀県が3人、兵庫県と北海道が2人ずつだった。

    異色の熊本国府
     4位の山梨学院は、山梨県の中学校を卒業した部員は3人。最多は岐阜県の4人で、東京都と神奈川県が3人ずつだった。同じ4位の創志学園は、最多が大阪府の7人で、兵庫県が5人と続いた。

     一方、ベンチ入りした部員のうち、学校の所在地とは異なる都道府県の中学校を卒業した部員は0人という野球部は6校あり、公立が5校、私立が1校だった。また21世紀枠の2校も、この中に入っている。北から順にご紹介しよう。

    ◆北海道別海高校(北海道別海町)※道立、21世紀枠
    ◆三重県立宇治山田商業高等学校(三重県伊勢市)
    ◆和歌山県立田辺高等学校(和歌山県田辺市)※21世紀枠
    ◆和歌山県立耐久高等学校(和歌山県湯浅町)
    ◆徳島県立阿南光高等学校(徳島県阿南市)
    ◆熊本国府高等学校(熊本県熊本市)※私立

     ちなみに熊本国府は私立校で0人という珍しいケースで、公式ガイドブックにも「部員全員が熊本県内出身者」、「私立校ながら熊本県内の選手のみで、中学の軟式野球経験者が多数を占める」と明記されている。

    ※全文はリンク先で

    【【高校野球】センバツ出場校で「野球留学生」が多い高校はどこか 登録選手20人のうち19人というケースも】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/03/19(火) 18:06:21.76
    2024/03/19 15:54

     選抜高校野球で19日に登場した敦賀気比(福井)のアルプス席では、急造されたブラスバンド隊が応援ソングを響かせて、選手たちを鼓舞した。 
    チューバを担当したのは、同校を運営する学校法人嶺南学園の宇野晃成理事長(63)だ。

     吹奏楽部はあるが、20日に敦賀市内で定期演奏会が予定されており、応援に来ることができないため、学校が地元の吹奏楽連盟の力を借り、有志20人を集めた。

    https://www.yomiuri.co.jp/sports/koshien/spring/20240319-OYT1T50155/
    続き

    【春の甲子園 吹奏楽部が来られず理事長がチューバ演奏…急造のブラスバンド隊】の続きを読む



    1 名無し募集中。。。 :2024/02/01(木) 15:21:23.14 0
    高校野球の強豪校、茨城県の明秀日立高校の硬式野球部で、備品の金属バットがなくなり、学校が警察に相談していることがわかりました。
    関係者によりますと、これまでに学校に対して、複数の部員がリサイクルショップに売ったと申し出ているということです。

    日立市にある明秀日立高校によりますと、先月、硬式野球部で備品の金属バットがなくなり、
    市内のリサイクルショップで特徴の似た金属バットが売られているのが見つかったということです。

    関係者によりますと、これまでに学校に対して、数人の部員が金属バットを複数持ち出し、リサイクルショップに売ったと申し出たということです。

    学校では、先月、野球部の保護者会を緊急に開き、経緯について報告しました。

    関係者によりますと、硬式野球部では、これまでも野球道具や私物が寮からなくなったことがあったということで、学校は「今後、対応を考えていきたい」としています。

    明秀日立高校の硬式野球部は、おととし春夏連続で甲子園出場を果たした強豪校です。

    茨城県高校野球連盟は「学校側から備品が盗まれたと連絡を受けた。事実関係を確認して報告するよう指示した」としています。

    明秀日立高校に通う生徒の保護者が、NHKの取材に応じ「部内では、これまで部員の物がなくなったことがあったと子どもから聞いている」と証言しました。

    今回の緊急保護者会の様子については「何人かの生徒が手を挙げて、自分がやりましたという答えが出たということを聞いた。
    また、警察とも連携を取っていくということも説明された」と話しました。

    保護者は「入学当時から個人間での窃盗があって、野球用品や私物や金銭がなくなるという話を聞いていました。もっとクリーンな野球部になってほしいです」と話していました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240201/k10014343051000.html

    【高校の硬式野球部員が備品の金属バットをリサイクルショップに売っていたことが発覚】の続きを読む

    このページのトップヘ